お金

東京五輪で稼ぐには…外国人客向けの個人ガイドで時給4000円、月30万円の副収入

 インバウンド需要を中心に最後のビジネスチャンスとして期待がかかる東京五輪。しかし、主たる投資や副業はやり尽くされているうえ、開催まで1年を切った今では、準備期間も限られる。そこでまだ間に合う、駆け込み錬金術を探った!
TOKYO五輪で稼ぐ!

外国人観光客の個人ガイド

ファッション関連や食べ歩き・飲み歩き案内で月30万円!

●外国人観光客の個人ガイド 初期費用0円→予想収入30万円  観光客が大勢訪れることが予想されるなか、まだまだ人手不足なのがガイドだ。これまで無資格で外国人相手に有償のガイドを行うことは法律で禁止されていたが、昨年1月には通訳案内士法が改正。誰でもガイドができるようになり、観光客との橋渡しをしてくれるマッチングサービスのサイトやアプリ、そしてユニークなガイドプランが増えている。  まず人気なのが、ファッションに関するものだ。予備校教師として働きながら、副業として都内近郊でガイドをしているのは横山隆弘さん(仮名・34歳)。 「飲み屋で外国人観光客と意気投合して、渋谷を案内したのがキッカケです。お金にできないかなと思って、Trip Partnerなどいくつかのマッチングサービスに登録しました。僕のツアーは穴場のセレクトショップを回るもので、定員は4人まで。約2時間お店をハシゴしてガイド料金は一人8000円です。  サービス手数料10%を引いた金額が手元に入ってきます。予約状況によりますが、一番稼いだ月で12万円ほどになりました。英語はそこまで話せませんでしたが、やっているうちに上達してきましたね。五輪期間中は長期の夏休みを取って30万円を目指します!」
TOKYO五輪で稼ぐ!

繁華街での食べ歩き・飲み歩き系は特に人気コースのひとつ

 また、同じく人気なのが小規模な居酒屋やレストランを回る食べ歩き・飲み歩き系ツアーだ。「Airbnb Experiences」を介した繁華街を巡るツアーに潜入し、外国人利用者に話を聞いてみた。 「過去にも同様のサービスを使ったことがありますが、旅行代理店のツアーに比べて安いのと、よりローカルなお店を体験できることがメリットだと思います。多少言葉が通じなくても、タブレットや手製の冊子を用意して解説するガイドは熱意が伝わるので、お礼のコメントや高評価をつけますね」(アメリカ人・24歳・男性)  インバウンド客を狙うには語学力が重要だと思いがちだが、ちょっとした工夫を加えるホスピタリティも集客のカギとなる。マッチングサービスを利用して、自分の得意分野のツアーを組んでみてはどうだろう。 ▼個人ガイド副業するときのポイント ・個人ガイドによる少人数のツアーが増えた一方で、店側とトラブルになることもあるそう。コースを考える際は事前にしっかり確認しよう ・大衆居酒屋や小料理屋に案内するだけでもガイドになれる。繁華街での食べ歩き・飲み歩き系は特に人気コースのひとつだ ▼オススメのアプリ ●Trip Partner――事前審査が必要だが、一人で登録・ガイドが行える。自分でガイド料金を設定することができ、サービス手数料10%が引かれる TOKYO五輪で稼ぐ!●Airbnb Experiences――レビュー数は他のサービスに比べて非常に多い。サービス手数料20%が引かれるが、民泊との二刀流で使うのがオススメだ TOKYO五輪で稼ぐ!<取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事