雑学

おじさんの斜め掛けボディバッグは不評…中年が持ってもイタくない“休日バッグ”は?

斜め掛け小リュックの量産型おじさん、多すぎ!


 おかしなものを選ぶと「全身のファッションを台無しにする破壊力がある」(ファッションディレクターの藤巻英治氏)というバッグ。最近は、休日になるとボディバッグを斜め掛けして闊歩するおじさんがやたらと多いが、これが実はダサさの元凶。アイテム別の「あり・なし」を女性300人に調査したアンケートでは、「あり」と答えた人は116人にとどまり、ここがアウトの境界線となった。

ボディバッグの斜め掛け

これはNG! ボディバッグの斜め掛けはカジュアルすぎて大学生感が増す。特にデザインのゴチャついたものは安っぽく、大人に不向き

「若い人がストリートスタイルのファッションに取り入れるならアクセントになりますが、フォーマルな服装も増えてくる中年男性には似合いません。斜め掛けでは出っ張ったお腹も強調されてしまいます。ウエストバッグも同様で、大学生限りで卒業してほしいアイテムの筆頭ですね。なお雑誌の付録をスタメン起用するのは、全世代を通じて禁じ手です」(現役アパレル店員でお笑い芸人・きみどり古田敬一氏)

 ボディバッグは、もともとウエストバッグを斜め掛けしやすい形にしたアイテム。実際に使い勝手はいいのだが、「その工夫された感じに“ファッションを頑張ってる感”が出てしまいます」と藤巻氏。

「バッグに限らず、おじさんはスタンダードでシンプルなものを着ていればカッコよくなるんです。比較的近年に生まれたアイテムで、形もひと工夫あるボディバッグは、その真逆。レザーとナイロンなど異素材を組み合わせたものは、特に安っぽく見えがちです」

 同様にクラッチバッグも地雷原。近年はファッション感度の高い人たちに愛用者が多いが、「おじさんが丸みのあるクラッチを持っていると集金感がすごい」(28歳・介護)と評価はさんざん。「レザーでマチの薄いものはアリだが、間違ったものを選ぶとプロ野球選手の契約更改になる」(藤巻氏)ので安易に手を出すのは禁物だ。

次のページ 
全員が揃って推薦していたのは…

1
2





おすすめ記事