マネー

ジャグラー、ハイビスカス、黄門ちゃま…4月のパチスロは完全告知と上乗せが熱い

 4月のパチスロ新台は王道Aタイプと6号機ATタイプを紹介する。さやしい光と激しいハイビスカス、そしてお銀が『女神盛』になって登場だ!

ゴージャグに待望の第2弾が


ゴーゴージャグラー2(北電子)
(C)KITA DENSHI

 人気のジャグラーシリーズのなかでも、あたたかみにあふれる輝きで人気の「ゴーゴージャグラー」。完全後告知ならではの最後まで期待感が継続するゲーム性で熱心なファンが多いゴージャグに、待望の続編『ゴーゴージャグラー2』が登場。4月上旬から全国のホールへの導入が予定されている。

『ゴーゴージャグラー2』のスペックは、ジャグラーシリーズらしいリアルボーナスで出玉を増やす王道ノーマルタイプ。ボーナスの獲得枚数はBIGが平均約312枚、REGが平均約104枚で、前作同様に波の荒い出玉推移が期待できる確率配分を忠実に継承。もちろんボーナス成立ゲームでGOGO!ランプがペカる完全告知機で、ゴージャグらしく第3停止ボタンから指を離した瞬間の後告知のみとなっているのが特徴(告知音も非搭載)。新作ジャグラーでのお楽しみであるBIG濃厚のプレミアム演出には、リールのスロー回転、一瞬だけGOGO!ランプが眩しく光るきらめき点灯、そして様々なタイミングで徐々に出現するパネル左上の隠れツノっちを新たに搭載。また前作で好評だった3秒フリーズ、即点灯、もわもわ点滅、無音スタートなども継承されているぞ。

 老若男女問わず、全てのパチスロファンにとって欠かせない存在であるジャグラーシリーズ。そのなかでも後告知オンリーという確固たる個性を持った『ゴーゴージャグラー2』は、あたたかくやさしい輝きでプレイヤーを包み込んでくれるのだ。

5号機ラストのハナハナ集大成


プレミアムハナハナ-30(パイオニア)

 30パイメダルによる満足感と、先光りを中心としたボーナス告知が特徴の“沖スロ”。なかでも「ハナハナ」シリーズは、沖スロを代表するタイトルとして本場である沖縄だけではなく、全国的にもファンが多い人気機種である。その集大成として登場、4月下旬からの導入が予定されているのが『プレミアムハナハナ-30』だ。

『プレミアムハナハナ-30』のスペックは、ハナハナシリーズの伝統であるノーマルタイプ。ボーナスはBIGが345枚を超える払い出しで終了、REGが135枚を超える払い出しで終了となっており、高い合成確率で沖スロの醍醐味であるボーナス連打の期待も大!

 また誰もが安心して打てる告知機ながら、通常時&BIG中の小役狙い(BIG中はサイドランプが赤と緑に激フラッシュしたらスイカ&チェリーを狙おう)の技術介入要素があるためヘビーユーザーにもピッタリ。さらにBIG中のスイカ出現率、REG中の白7左中段ビタ押しによるサイドランプフラッシュの色、またボーナス終了時のスポットライトの色によって優秀台のチェックも!?

 お馴染みのスタートレバーを叩いた瞬間にハイビスカスが光るボーナス告知にもシリーズ最多のプレミアム点滅が搭載され、ほかにもフリーズやプレミアムバイブ、またランプやサウンドと多彩な告知演出も楽しめるのだ。

 ボーナスサウンドにはハナハナオールスターとして歴代機種から全54曲を収録と、ハナハナファンにとってはそれぞれの思い出がよみがえること必須。5号機ラストのハナハナとして演出もスペックもまさに集大成の『プレミアムハナハナ-30』、沖スロファンだけではなく全てのパチスロファンがハイビスカスの輝きに魅了されることは間違いないぞ!

次のページ 
黄門ちゃま最新作は女神でメガ盛

1
2
勝SPA!





おすすめ記事