エンタメ

老人の尿意を確認するだけのお仕事……って何?__準特急久保田の珍バイト従軍記

 カネない、芸ない、何もない……。だけど「ラクして稼ぐバイト探しの時間だけはあるんです」と話すのはお笑い芸人の準特急久保田。これまで経験したアルバイトのなかには、一般人にはあまり知られていない、世の中にそんな仕事あったの? という不思議な内容も含まれている。そんな彼の珍バイト体験談を合計3回に渡ってお届けする。

 第2回目は「何のために自分が存在しているのか分からなくなった」という、世にも奇妙な警備のお仕事である。

準特急久保田

これまで数々の珍バイトを経験してきた若手芸人・準特急久保田

仕事内容はおじいちゃんの尿意を気にかけるだけ


 警備員のバイトといえば、車や歩行者を誘導したりビルの警備をしたり。しかし久保田がやっていたバイトは、そんな警備員のおじいちゃんの“尿意を確認する”というものだった。一体なんのこっちゃ分からない。

「マンションの入口を警備する仕事なんですが、私は基本的に管理人室で待機しているだけでした。30分に1回、警備をしているおじいちゃんのところへ行き、“トイレは大丈夫ですか?”と聞きます。“行きたい”と言われれば、おじいちゃんのトイレが終わるまで交代します。それだけのバイトでした」

 30分に1回とはかなりの高頻度だが、高齢ということもあり1時間に1回は交代していたとか。「無線で伝えてもらえればいつでも代わりますよ」と久保田が提案するも、おじいちゃんは「周りにバレるのが恥ずかしい」と謎の回答。

「上の人間からは、“おじいちゃんと一緒にいるところをマンションの人間には絶対に見られるな“と指示がありました。自分が何のために存在しているのかまったく分かりませんでしたが、それを言うとこのラクなバイト(5時間で9000円)がなくなってしまいそうなので、途中からは何も考えないようにしていました」

 日が進むにつれおじいちゃんとの親睦も深まり、最終的には遠くからおじいちゃんとアイコンタクトを取るだけで尿意の有無が分かるようになったという久保田。おじいちゃんは常々、「このマンションは近いうちにトランプタワーになる。アイツが目を付けているんだ」と本気で言っていたそうだ。

高級タワーマンション

舞台はお金持ちが住む高級タワーマンション(Photo by Adobe Stock)

マンションのお金持ちたちのパシリ役


 おじいちゃんの尿意を気にするだけという不毛な時間を過ごしていた久保田であったが、この現場では悲しいことに(!?)途中から新しい仕事ができてしまったという。

「おじいちゃんは2Fに常駐していたのですが、地下1階にある駐車場におじいちゃんを呼ぶボタンがあるんです。ホームレスが入らないようにと朝の6時~9時はシャッターを閉めているので、駐車場から呼び出されたら地下まで行ってシャッターを開けなければなりません。どんなに急いでも数分はかかるのですが、マンションに住んでいるお金持ちが待ち時間をなくせと……」

 こうして久保田は朝の時間だけ地下1階でシャッターのボタンを押す係になってしまった。また、左ハンドルの車が来たときには警備員が駐車券を受け取り、機械に入れなければならないという暗黙のルールがあったそうだが……。

「ある日、別のおじいちゃん(おじいちゃんは2人いた)が地下を担当したときにそれをやらなかったんです。そしたら“おい、どういうことだ!”って警備会社にクレームが来ちゃいまして。これだからお金持ちって嫌ですよね」

 上層階は億に届くというこの高級タワーマンション。ここにはパ・リーグを代表する左の強打者もベンツを乗り回しながら住んでいるそうだ。

次のページ 
公園から駐車場のランプを見るバイト

1
2





おすすめ記事