雑学

パチプロが本当に実践する「素人が想像できない意外な攻略法」を大公開

あなたはパチンコ玉の温度や油の付着具合を気にしたことはありますか?


 誰でも気軽に楽しむことができるパチンコには、パチプロによると勝つための技術や攻略法が多くあり、そうした技術や攻略法をパチプロという人々は独自に見つけたり、開発したりしているといいます。中には島閉鎖に至るような強烈な攻略法が発覚したことも。しかしながら一般のパチンコファンがこうした攻略法を見つけ出すのは至難の業です。一般的に勝つためのコツは、少ない額で一回転でも多く回すことであり、そして回転率を上昇させるためのコツを多く知っている人が、いわゆる“パチンコで勝てる人”になるのです。

 そんな技術的な話は、一般の人には理解できないようなハイレベルな話も多くあります。今回は実際にパチプロから聞いた信じられないほどハイレベルな話をご紹介しようと思います。そんなことが……と思わず唖然とするような話もありますが、信じるか信じないかはあなた次第。しかし、実際にパチプロたちが行っている“攻略法”なのです。

1.パチンコ玉は触らない


 パチンコ玉は手に触れると手の油が付着し、回転率が落ちると言われています。そのため、パチンコが上手い人は必ずカップを使用して、玉を上皿へと移しているのです。これはパチンコ雑誌を読んでいるレベルの人なら聞いたことあるかもしれませんね。玉に付着した油が釘に付き、滑りやすくなって回転率が落ちるようです。あるパチプロはこの“手の脂”について、こう話してくれました。

「もちろん目には見えませんし、証明することもなかなか難しい。でも、体感としても明らかに変わるし、回転率も微妙に変わる。僕らのように仕事として10時間近く打つこともある連中からすると、回転率が1回転でも変わるのは死活問題。オカルトと言われるかも知れませんが、少しでもマイナス要因を排除していくことはプロとして当たり前でしょう」

 ちなみに釘に付着した油も2時間ほど打っていれば落ちてくるとも言われています。

2.玉の温度によって跳ね方が変わる


 現金をサンドに入れ、玉貸ボタンを押した時に出てくる玉と、長いこと積まれていたドル箱に入っていた玉の温度に差があることは触ればわかることと思います。ただ、温度の差によって跳ね方が変わることをご存知でしょうか。つまり玉の温度によってストロークを調整する必要があるのです。

「同じところに打って回転率が落ちた場合、温度の変化を気にしてストロークを変えるようにしてます。また、汚れている玉も跳ね方が変わってきますね。鉄は温度によって硬さが変わるので、それが跳ね方に影響しているんだと思います」(前出パチプロ)

「玉の硬さ」は昔から言われていることで、昔はパチンコ玉を持ち帰り、自宅でバーナーを使って“焼き”を入れた玉にして勝負した無法者もいたとか。ちなみにパーソナルの店舗は、玉貸と再プレイでも玉の温度差があるのでご注意を。

次のページ 
必殺火消し人を疑え!

1
2
勝SPA!





おすすめ記事