恋愛・結婚

「第一印象のいい男/悪い男」はどこで差がついているのか?

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。  もうすぐ夏が来ます。今年の夏こそは彼女と……と感じている人も少なくないのではないでしょうか? 今回は出会いのツールの一つ「婚活パーティ」の必勝法をお伝えします。

山本早織

 すでに知っているというテクニックもあるかもしれません。しかし、知っていてもできていなければ効果は出ませんよね。今一度ご自身の行動や思考を振り返ってみてください。

婚活パーティは第一印象のみで勝敗が決まる

 婚活パーティは、2~3時間程度の中でその日、来ている独身の男女が交流する場所。短時間で女性にアプローチをし、1対1でお茶やお食事などに繋がなくてはいけないので「婚活パーティでは第一印象のみで勝負する場所」だと私はお伝えしています。  話の内容よりもインパクトが大切。私自身、起業してから20回以上婚活パーティへ行きました。とても簡単に参加できる出会いのツールですが、その必勝法はシンプルがゆえに難しい。その場に集まった人たちの中でモテそうな人はとても短い時間で見極められてしまうからです。  では、そんな婚活パーティでマッチング率を上げるためのポイントをお伝えします。 1 ファーストコンタクトを勝負する 「初めまして」とあいさつするタイミングこそ、第一印象を印象つける勝負のときです。好印象男性は必ずアイコンタクトをし、最高の笑顔で、「あなたにお会いできて光栄です」と非言語なコミュニケーションを送ってくれます。それに対して、好印象に与えることができない男性は「さて、次の女性だ」というふうに業務的で、若干の疲れを引きずっているも少なくありません。  さらにファーストコンタクトのポイントは姿勢です。アイコンタクトと笑顔はやっているのに、それでもうまくいってないという男性は普段から猫背気味な人が多い。猫背は第一印象として自信のなさや不安などを受け取られがちです。 アイコンタクト また、普段から笑顔やアイコンタクトをしていない方は、その違和感のある笑顔を女性は勘づきます。姿勢や笑顔は普段から意識をし、出会いの場以外でもやってみましょう。 2 最低限のファッションセンス  第一印象の中でファッションセンスは大きく影響をしてきます。特別おしゃれでなくてもいいのですが、最低限のファッションは相手のために考えていきましょう。  先日、ご相談にきた男性は毛玉だらけで、何歳から着ているんだろうと感じさせるトレーナーを着ていました。隣に座っただけで不快にさせるファッションは絶対にNGです。せっかく婚活パーティに行くのですから、新しいお洋服を新調しましょう。  トータルコーディネートしてもらったものをそのまま着ていくのでもOKです。また、絶対避けたいアイテムは、斜めがけバッグ。持っている男性は結構多いのですが、婚活パーティではできるだけ小さなバッグで行くようにし、大きなバッグは避けるべきです。どうしても荷物がたくさんあるときは受付などに預けておくといいでしょう。
次のページ 
自然体で嘘のない会話を
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事