R-30

ゲーセン店員が見た迷惑客。メダル投入口に“ヘン”なものを入れられ…

 私が新卒で入社した会社は「ゲームセンター」の会社であった。新入社員は全員現場スタートだったのだが、私は関東圏の大型ショッピングセンター内にあるファミリー向けの店舗に配属された。  ひと昔前の「ヤンキーのたまり場」といったイメージはとっくに払拭され、「子どもが安心して遊べる場所」として認識されつつあるゲームセンター。しかし、時折クレイジーなお客様が来店することもあるということをご存じだろうか。
ゲームセンター

カップルからファミリーまで楽しめるゲームセンター。そこで働く新入社員が遭遇した迷惑な客とは!? ※写真はイメージです(以下同)

メダルゲーム機はすぐに壊れやすい繊細な機械なのだが…

 大きなゲームセンターでよく目にする「メダルゲーム機」。人気キャラクターのものや、かなり凝った作りのものなど大人でも熱中して遊べるものが多い。  メダル貸出機で換金したメダルを手元の「メダル投入口」から入れ、メダルの落下した位置によりギミックが動いたり、メダルが押し出されたりして楽しむ。そんなメダルゲーム機では、缶コーヒーなどを片手に長時間楽しむ大人も数多くいる。 メダルゲーム その機械の内部はかなり繊細な作りになっている。メダルに付着した手垢などが機械の内部に汚れとして溜まっていくとメダル詰まりの原因になったりするし、メダルそのものが機械の内部でひっかかってしまうことも日常茶飯事だ。そういったことを防ぐために、毎日内部のアルコール清掃を行うことが店のルールとして決まっていた。  もちろん、多くのお客様が気持ちよく遊ぶことができるように機械のガラス面やボタンなど手の触れる部分から椅子に至るまで毎日清掃している。  そんなある日、いつものように掃除しようとすると、ありえない状態のメダルゲーム機を発見した。

メダルゲーム機につぶ入りジュースを流し込む客

 なんとメダル投入口がベタベタしている。しかも、何かが詰まっている。ぷちぷちして透明の……グレープフルーツ? 謎が解けるまでにかなり時間がかかったが、店内の自販機で販売されている「果肉入りグレープフルーツジュース」であることが判明した。  そういえば数時間前、その席で「果肉入りグレープフルーツジュース」を飲みながらメダルゲームで遊んでいるお客様を、確かに私は見た。  状況から察するに、そのジュースをメダル投入口に流し込んだ……ようだ、明らかに。もしかしたらメダルと一緒に流し込むことでより良い位置に落ちるようにと思ったのか。あるいは、たんなるイタズラ心だったのか。それとも、手持ちのメダルが無くなり「なんとなく」だったのか。  ……でもちょっとの手垢やホコリですら故障の原因となる繊細なゲーム機に、どうか果肉入りはやめて頂きたい! 掃除は1週間以上かかり、かなり手間取った。  ありえないようだが、ゲームセンターでは不思議とこの「水没系」事件が多く、ゲーム機を水浸しにしたがるおじさまがかなり多かった記憶がある。  果肉入りジュースによる被害はこの1回だけだったが、意味もなくペットボトルの水をゲーム機全体にかけて逃げていく人(防犯カメラに映っている)が2~3か月に一回は出没していた。ストレスが溜まっていたのだろうか。器物損壊罪のため、防犯カメラに映った顔は「要注意人物」として事務所に張り出される。どうかお控え頂けることを願うばかりである。
次のページ 
ゲームセンターが守るべき「青少年を健全に」の範囲
1
2





おすすめ記事