恋愛・結婚

夫が生死をさまよう間、金目のものを奪っていった妻…熟年夫婦の金銭トラブル

 人生100年時代という言葉が世間を賑わせて久しいが、同時に増加しているのが熟年離婚。ずっと仕事や趣味に一辺倒で、家庭を顧みなかったと言われる今のシニア世代。子供が巣立った晩年に、『離婚』を選ぶケースが増えているという。
熟年離婚

画像はイメージ(以下同じ)

「私の場合、いつかは妻とやり直すと思っていました」と神妙な顔つきで語る男性、青木慎太郎さん(仮名・65歳)。青木さんは、今年の2月に熟年離婚。もう20年近く別居結婚状態だったが、「もしかしたら、子どもが独立した最期は、一緒に暮らしてやり直すかもしれない」。そんな思いから籍は抜かずにいた。

別居中の妻は、病院に駆けつけ財布を探した

「元々転勤族だったこともあり、妻と一人娘とは別居状態だったんです。娘が中学に進学すると、一緒に転勤するのを嫌がるようになって、単身赴任が続きました。その間に、妻に男性の影がちらついたりもしたのですが、こちらも家を空けているという負い目があったため、見て見ぬふりをしていました」  青木さんは、『妻は家のことだけをやっていればいい』『男は外で働いて稼いでくればいい』そう思って、仕事に没頭したと言う。50歳になる前に本社に戻ってからも、関東で暮らしていた妻とは同居をせず、別居状態だった。一人娘が5年前に結婚してから、定年退職のタイミングで、また妻と同居しようと考えていたという。  しかし、離婚となったきっかけは3年前。嘱託社員として働いていた青木さんは、出勤途中に急に具合が悪くなり、そのまま急患として病院に運ばれた。心筋梗塞だった。心臓にある血管3本のうち2本が詰まるという重篤な状態。  連絡を受けて駆け付けた青木さんの娘は、医師から“死を覚悟してください”と言われたそうだ。 入院 「奇跡的に一命はとりとめたのですが、その連絡を受けた妻は、病院で私のキャッシュカードや財布が入っているはずのバッグを大調査したというのです。意識が回復して少し経ってから、病院のスタッフから“凄い形相をした年配女性が、入院している部屋に入れろと騒ぎましたが、娘さんから止められていたので面会を拒否しました”と伝えられました」  だが長年連れ添ったはずの妻の暴挙はこれだけではとどまらず、さらにエスカレートしたと話す。
次のページ 
金品目当てで、妻が自宅の鍵を破壊して不法侵入
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事