ニュース

香港のデモ現場で見たリアル。記者も催涙弾を浴びて「死ぬかも」と…

週刊・匿名記者 座談会~香港出張編~

 記者が実名では書けない事件の裏側に週刊SPA!編集部が迫る。今回は「香港デモ」の現場取材で記者3人に見えたものとは――。
香港デモ

警察が噴霧したペッパースプレーは抗議者のみならず、記者をも直撃。肌にかかるだけで赤く腫れる液体が目に入ってしまった記者も

<今週の匿名記者> ●香港メディア関係者・A記者……元香港メディア記者。日本留学経験があるため、日本メディアのコーディネーターとしても活動 ●週刊誌記者・B記者……週刊SPA!記者。9月以降、2度にわたって香港を取材。広東語は一切話せず、英語はカタコトレベル ●ジャーナリスト・C記者……20年前に香港に移住し、地元誌記者に。その後、フリーに転身するが、現在も日本と香港を行き来している

デモ現場に見え隠れする香港社会の断絶

A:香港では日本の台風被害が連日報道されています。親日家が非常に多いので、日本に対する関心度が高い。 B:今回、抗議者によるデモ行進やオキュパイ(占領)を取材する中で、何人もの香港人から「日本の台風被害は大丈夫か?」と心配されました。 C:10月14日から抗議者たちの呼びかけで、日本の被災地を支援する義援金プロジェクトがスタートしました。1日足らずで目標金額の半分に当たる50万香港ドル(約700万円)が集まっています。 B:本当にありがたい話です。 A:香港人は互助の精神が非常に強いんです。電車では当たり前のようにお年寄りに席を譲るし、困っている人がいるとわかれば自然と寄付活動が始まる。警察が催涙弾を発射すると、前線の若者は散り散りになりながら、まずお年寄りを安全な場所に避難させます。
香港デモ

催涙弾の発射警告を出す機動隊

C:だから、抗議者を手厚く支援している人も非常に多い。数千円分チャージしたオクトパスカード(日本のSuicaのようなもの)を抗議者に配ったり、抗議活動を行う学生たちには無料で食べさせてあげる飲食店もたくさんある。 B:ただ、今回、香港に来て想像以上に抗議活動が過激になっていることに驚きました。MTR(地下鉄)に火をつけたり、街中の信号機を破壊するなど……。 A:8月にMTRの車内や駅構内で大量の抗議者が警察の不当な暴力を受けたときに、MTRは駅を封鎖して救急隊さえ入れさせなかった。さらに、抗議者たちは監視カメラの映像を公開するよう求めたのですが、なかなか公開しなかったので市民の怒りが爆発して破壊活動に繫がったのです。信号機の破壊はオキュパイの一環。交通網を麻痺させて経済的ダメージをもたらすと同時に、政府の財政負担を重くしてプレッシャーをかける。ただ、10月13日に、抗議者によるものと思いますが、遠隔操作式の爆弾が使われたというニュースには驚きました。 B:その爆弾が使用されたときに現場にいましたが、実際には花火レベルのものでしたよ。警察車両のそばでパンッと甲高い破裂音がしたので近づいて見たらケータイの残骸が残っていました。ケータイを鳴らすと火薬に引火して爆発する仕掛けだったようですが、破裂音だけで炎も出ていなかったので、単に警察を驚かせる仕掛けだったのでしょう。香港警察は「爆弾を使われた!」と仰々しく発表していましたが、爆弾と呼べるような代物ではありません。

市民やメディアにも平気で催涙弾を打ち込む警察

A:今となっては、いくら警察が抗議者を悪者に仕立てても、市民の警察不信は拭えません。抗議者だけでなく、一般市民やメディアにも平気で催涙弾を打ち込み、抗議者と対立する親中派のヤクザのような組織が暴力を振るっても警察は見て見ぬふり。10月に入って抗議活動に参加して逮捕された女子大生が、取り調べの最中に服を脱がされ、胸をもまれるなどのセクハラをされたと涙ながらに訴えましたが、今や警察はやりたい放題です。 C:10月4日に緊急法が発動され、議会の審議を経ずに覆面禁止法が施行されてから、警察はさらに増長しましたね。街中で普通のマスクをしている一般市民も捕まえては、執拗に取り調べを行う光景を何度も目にする。警察のさじ加減一つで、いつでも市民を逮捕・拘留できてしまうような状況なんです。 B:私も機動隊が一般市民やメディアに対してペッパースプレーを発射する場面に遭遇しました。私は風上にいたので被害は少なかったのですが、少量吸い込んだだけで息ができなくなり、肺が締めつけられるような痛みがありました。 C:催涙弾も強烈ですよね。初めて浴びたときはマスクをしていても隙間からガスが入ってきて、息ができず「ああ、死ぬかも」と思いました。おまけに視界は奪われて、どっちに逃げたらいいのかわからない。皮膚も痛む。一気に戦意を奪う恐ろしい武器ですよ……。 A:こう言ってはなんですが、警察官は勉強のできない人が多いんです。香港では家庭で「勉強しないと、警察にしか就職できなくなるわよ」と言われるほど、警察の地位が低い。大学に行けない、頭のよくないコが警察官になる傾向がある。
次のページ 
警察官の子供が学校でイジメに…
1
2
●読者からの情報提供をお待ちしています!
『週刊SPA!』では読者の皆様からの情報提供をお待ちしています。芸能、事件、政治、エロネタ、ちょっとしたゴシップまで気軽に情報をお寄せください。専用メールアドレス(spaleaks@fusosha.co.jp)で受け付けております。情報の採用・不採用にかかわらず、取材源の秘匿をお約束します。なお、採用時にのみ編集部からご連絡を差し上げます。ぜひ、あなたが目にした“事件”について情報をお寄せください。

週刊SPA!10/29 号(10/21発売)

表紙の人/ アキシブProject

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事