ニュース

香港の反政府デモを応援したい日本人女性に、佐藤優がアドバイスする最善の方法は?

 “外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

香港の反政府デモを応援したい

★相談者★I♡香港(ペンネーム) 会社員 女性 32歳  香港のデモを応援したいです。香港で働く友人が多いため、中国に対する不満をよく聞きます。逃亡犯条例を改正するまでもなく、香港の人が密かに中国に拘束されて本土に送られるなど、中国がやりたい放題やっているようです。大陸から来た中国人がオムツなど本土で高値で転売できるものを買い占めるので、欲しいものが買えなくなることも多いようです。  香港のトップは中国の言いなり。中国が軍隊の力をチラつかせているのを見ると、友人の身が心配になります。さすがの友人も「中国が軍隊を送り込んできたらデモなんかやっている場合じゃなくなる」と話していましたが、中国のやり方がエスカレートしてきたらと想像すると不安です。日本にいながら香港の人たちのためにできることはないでしょうか? ◆佐藤優の回答  私は元外交官だったので、国家主権を尊重することが、外国にとっても、外国人にとっても重要と考えます。もっとも学者の中には、国家主権よりも自由や人権のような普遍的価値が重要だと考える人もいます。こういう人たちは、香港のデモ隊に対する中国政府の弾圧に関して、各国が中国政府に対する圧力を強める必要があると考えます。
香港の反政府デモ

写真/protest in hong kong on june 12 2019

 中国は、こういう人たちが普遍的価値とする自由や人権が、欧米の文脈から出てきた特殊なものであると反発しています。いずれにせよ、あなたが香港問題に関与しようとするならば、香港が中国の主権下にあるという現実を冷静に認識する必要があります。  中国出身ですが日本の国籍を取得した石平氏は、中国人の権力観が欧米や日本とは異なると指摘します。 ===== 「天下国家と万民は権力の僕である」という政治原理は、中国史の内在的法則となり、王朝が替わっても「一君万民」の権力中心主義の社会構造は何も変わらなかった。  天下国家が権力の私物となった以上、権力自体は当然、野心家や謀略家たちの奪取する対象となる。権力さえ奪取すればすべてが手に入るからである。こうしたなかで、権力の奪取と維持は目的そのものと化してしまい、天下国家と万民は権力のたんなる僕と道具となり、あるいは権力闘争の犠牲品となってしまった。  これはある意味では、筆者自身の中国の歴史に対する一つの独自の解釈である。  このような「一君万民」の権力中心主義こそが中国史の悲劇と人民の不幸の源であり、まさに「諸悪の根源」というべきものであろう (『中国をつくった12人の悪党たち』283頁) =====
次のページ 
総合して考えるならば言論や資金援助に限定したほうがいい
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事