お金

打倒コメダはどこ? 大手資本の郊外型コーヒーチェーンを吟味

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。 コメダ珈琲 私はファミレスで原稿を書くこと多いのですが、最近はファミレスよりも郊外型コーヒーチェーン店にハマっています。  ファミレスの場合、落ち着いて執筆するためには、時間帯や店舗のカラー(客層など)を吟味する必要があるため、気を遣う場面が多いと感じます。その一方、郊外型コーヒーチェーン店の場合は、勉強や仕事してもOK的な寛容さがあるため、安心感があるのです。    例えば、私の大学の友人には、浪人生時代、コメダ珈琲に大変お世話になったという人がおり、毎日コーヒー1杯で勉強させてくれたと感謝していました。

コメダ珈琲のモーニングでは定番のゆで卵

 彼は名古屋に近い地域の出身だったため、かなり早い段階からコメダが身近だったのですが、東京出身の私の場合、コメダが身近に感じたのは2010年代になってからという印象です。  その後、コメダ珈琲に対抗した大手資本のコーヒーチェーンが続々登場。今の時代、激しい競争が繰り広げられているように感じます。  ということで今回は、大手資本のコーヒーチェーンの中から、コメダに勝ちそうなところはどこか? ということを勝手に考えてみたいと思います。

コメダ最大のライバル? ドトール系の星乃珈琲店

 ドトール・日レスホールディングスが運営する「星乃珈琲店」は、今最もコメダのライバルといわれる存在でしょう。  実際、店舗数は多く、郊外型コーヒー店という観点ではコメダの次に多いといえるかと思います。  コメダ珈琲は、おしゃれでないのが「良さ」といわれることもありますが、それはある意味“日常の延長線上”にあるといえるかもしれません。それに対して星乃珈琲店は、軽井沢の喫茶店に来たかのような印象を受け、テーマパークのような非日常を感じます。  店舗ロゴは、「茜屋珈琲店」を意識していると思いますが、茜屋珈琲店こそ、軽井沢で有名な喫茶店(軽井沢以外にも存在)。また、店内の雰囲気も、どことなく軽井沢の別荘のようで、初めて店内に入った際、私は「すごく良い!」と感動した記憶があります。

星乃珈琲店は、非日常感が漂う上質なクラシカルさ。大正と昭和の良さを融合した感覚がある

 また、店舗入口には昔ながらの食品サンプルが飾られており、どことなく昭和な純喫茶的雰囲気と、軽井沢の大正ロマンな上質クラシカルさが相まって、独特のバランスを形成していると思います。  そういった体験はコメダ珈琲ではできないため、まさにコメダにない要素をしっかり抑えたという印象。ただ、クラシカルな雰囲気のせいか、比較的若い人が少ないと感じます。そういったこともあってなのか、19時で終了というように、営業終了時間が早めな店舗もあります。  私個人としては、最近あまり星乃珈琲店に行っていません。なぜかというと、パソコンが使いづらいからなのですが、席とテーブルの高さが、パソコン作業するには辛く、避けることが多いのです。  店内ではサラリーマン風な人を見かけますが、彼らは仕事をするというよりは、仕事の途中の休憩に寄っているという印象が個人的にあります。星乃珈琲店は雰囲気が良いため、打ち合わせといったように、複数人数で行くのに適していると思います。  そういった意味では、星乃珈琲店はコンセプトが魅力的であるものの、オールマイティさに、ややかける印象です。

丸亀製麺でおなじみトリドール系のコナズ珈琲

 丸亀製麺でおなじみ、トリドールが運営するのが「コナズ珈琲」なのですが、こちらは、コンセプトを突き詰めて、完全に顧客を絞った印象です。  店内は「ここは原宿のおしゃれカフェ!?」と言わんばかりの空間なのですが、そういった印象は、店の内装にとどまらず、客層からも感じるのです。  店内にいるのは、ほぼ若い女子。男性がいたとしても、ほとんどがカップルで女性の連れという印象です。私は、一度つくばのコナズ珈琲に1人で入りましたが、男性客は私しかいませんでした。  先日も、つくばのコナズ珈琲を見てきたのですが、店から出てきた若い女性が、スマートフォンで店の写真を撮っていました。おそらくインスタ映えするのでしょうが、女子が店の外観を撮影する様子など、コナズ珈琲以外で見たことがありません。  店内もまるでディズニーランドのハワイアンレストランに来たかのような雰囲気で、インスタ映え間違いなし。ちなみに、店内BGMは高級スピーカー「JBL 4312M(つくば店)」から流れていましたが、このような高級品を使っているのもチェーン店では稀だといえます。

コナズ珈琲はまさにインスタ映えする雰囲気。ディズニーランド的な可愛さを感じる

 コナズ珈琲は、「おしゃれ」な方向に突き詰めている印象なので、コメダのライバルというよりは、“郊外の原宿”といった新しい需要を生み出しているように感じます。  もちろん、私はコナズ珈琲で執筆することも、打ち合わせすることもないでしょうが、完全ニューウェーブなコンセプトであるため、今後どうなるのか興味深いと感じます。
次のページ 
店舗急増のむさしの森珈琲
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事