恋愛・結婚

「彼と母親がべったりで気持ち悪い」35歳女性が悩む、結婚の障害

 “外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!
母親

※写真はイメージです

彼と母親の距離が近すぎて気持ち悪い

★相談者★はん(ペンネーム) 派遣社員 女性 35歳  夫の浮気で5年前にバツイチになりました。2年ほど前から付き合っている男性がいて、再婚を考えるようになりました。しかし、彼の母親をどうしても受け入れられません。彼は優しくて、頼りになります。彼の母親は私のことを受け入れてくれているのですが、月に2~3度は彼と私が住んでいる家に泊まりにきて、保存のきく料理などを作っていきます。  彼には弟がいて、その弟の家にはもっと頻繁に母親が行って家事をしているようです。その母親と彼と弟と4人で一緒に食事に行ったときには弟に激しくボディタッチしていました。子供にべったりで、気持ち悪さを感じるのです。  しかし、彼に「義母さんが気持ち悪い」なんて言えません。彼のことは大好きでも、あの母親とは家族になりたくないなんて言えません。どうしたら母親と距離を取りながら、彼と一緒になれるでしょうか? ◆佐藤優の回答  あなたの気持ちはよくわかります。あなたは彼と結婚するのであって、彼のお母さんと結婚するのではないのですから、「彼は彼、お母さんはお母さん」と割り切る必要があります。哲学者の岸見一郎氏がこんなことを述べています。 ===== 「課題に取り組む勇気」と並ぶもう一つの勇気とは、「対人関係の中に入っていく勇気」です。なぜ対人関係の中に入っていくのに勇気がいるのかというと、人と関われば必ずといっていいくらい摩擦が起きるからです。 (中略)人と関わる時、皆がいい人とは限りませんし、そうなると精神的に疲れ果ててしまうということはあります。世の中は、いい人ばかりではありません。いやな人もいます。そういう人たちと関わって嫌われたり、憎まれたり、裏切られたりというような経験を避けることはできません。  アドラーは、このようなことを念頭においてでしょう、「あらゆる悩みは対人関係の悩みである」といっています。対人関係は悩みや不幸の源泉であり、対人関係以外の悩みはないといっても、過言ではないのです〉(『哲学人生問答 17歳の特別教室』78~79頁) =====
次のページ 
こういう問題は、初動が大切です
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事