エンタメ

長州力のTwitterがキレすぎ…独特の言語センスを振り返る

“革命戦士”の異名を持つ元プロレスラーの長州力が、Twitterでも革命を起こしている。というのも、長州は昨年12月に公式のTwitterアカウントを開設した(長州力@rikichannel1203)。だが、その使い方と呟き内容が斜め上すぎて、爆笑と困惑の渦を生み出しているのだ。  長州は、初ツイートからしてTwitterユーザーの度肝を抜いた。なんと、ツイート投稿フォームのテンプレートである「いまどうしてる?」という文面を、そのまま送信したのである。  他にも「わかりました。うまい具合にやってください!」「6日でもいいけどジムに行くので夕方になります、どこでもいいか! 前の日に時間で連絡を入れます」など、もはや誰と会話をしているのかわからない、むしろメモ帳がわりなのではとすら思える斬新な使い方が目立つ。  現役中も数多くの破天荒な名勝負・名言を歴史に刻み、引退後にTVで活躍するようになってからも持ち前の生真面目さ、愛嬌、そしてやはり破天荒さを存分に発揮している長州。今回は、まさに今SNSを席巻している革命戦士・長州力の名言(迷言)をまとめてみた。

「またぐなよコラ、またぐなよ!!」:意表を突いた警告に、お茶の間と大仁田が困惑!!

 お笑い芸人の長州小力がネタにもした「キレちゃいないよ」などの発言が有名な長州だが、それも、プロレスファンにとっては数ある名言のひとつに過ぎない。こちらと並ぶくらいに高いインパクトを残したのが、「またぐなよ」の連発である。
長州

実は長州、自身の名言をまとめた本も出しているのだ(画像はPHP研究所『逆境?それ、チャンスだよ』より

 1998年に、新日本プロレスの現役選手を引退していた長州。そんな長州に、当時“ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ”という過激な試合スタイルなどで人気を呼んでいた、大仁田厚が噛みついた。大仁田は、新日本に“果たし状”を持って乗り込むことになる。  だが大仁田に対し、なぜか長州は「またぐなよ」と、執拗に言葉を繰り返した。これは「(選手以外は基本的には入れない)リング周囲の鉄柵を超えるなよ」という、長州なりの警告を意味していたのだが、果たし状についての舌戦を覚悟していたであろう大仁田にとって、この展開は予想外。取りつく島もない、長州節全開の名言だろう。

「何コラタココラ!!」:通称“コラコラ問答”。話がほぼ進まない、迫力の“確認作業”

 新日本の中の別働隊として「新日本プロレスZERO-ONE」を設立した橋本真也が、何かと上手くいっていなかった新日本をスポーツ紙を使って批判すると、長州は激昂。そこで橋本を怒鳴りつけた際に飛び出したのが、「何コラタココラ!!」だ。
長州

現在68歳の長州だが、現役を引退したのはなんと昨年6月。ごく最近の話なのだ(画像はDVD『長州力DVD-BOX 革命の系譜 新日本プロレス&全日本プロレス 激闘名勝負集』より)

「何がやりたいんだコラ、紙面飾ってコラ!!」と橋本の対応を批判する長州に、橋本は橋本で「何がコラじゃコラ、馬鹿野郎」と、“コラ”を使って返す。その橋本に、長州は間髪を入れず「何コラタココラ!!」と反撃。この中身のない、しかし迫力だけは充分なやり取りは、実に1分15秒も続くことになる。  さらには「お前死にてーのかこの野郎」という橋本のセリフに、「お前言ったなコラ」「吐いた言葉飲み込むなよお前」と長州が応戦。やがてこの問答は、長州が突然「よぉーしわかった」と納得して出ていくという、謎の幕切れを迎えるのだった。
次のページ 
敵対団体の煽りに耐えかねて炸裂した、“オーバーキル罵倒”
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事