ライフ

『ワンピース』のサンジはなぜ悪党だった海賊を助けたのか?

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第165回
コック

※写真はイメージです

 人気マンガ『ワンピース』にサンジというキャラクターがいます。主人公ルフィが率いる「麦わら海賊団」の一員で、船員たちの食事をまかなうコックが担当です。  サンジはルフィたちの仲間になる前は海上レストラン「バラティエ」で副料理長をしていました。このバラティエにルフィたちが訪れた直後、「クリーク海賊団」の戦闘員ギンが餓死寸前の状態でやってきます。  クリーク海賊団は目的のためには手段を選ばず、騙し討ちも平気で行うことから悪名高く、人々から忌避されていました。バラティエのコックたちはその一味であるギンをレストランから追い出し、他の客はその行いを囃し立てます。しかし、サンジだけはギンに同情し、人気のない場所で料理を差し出します。  サンジがそうした行動に出たのには、自分も同じ経験をしていたからです。サンジは幼い頃に嵐に巻き込まれ、食料のない無人島で遭難しました。この時、一緒に遭難したバラティエの料理長兼オーナーであるゼフは「二人で半分に分ける」と嘘をつき、実際は残された食料のすべてをサンジに渡していました。  ゼフはもともとサンジが乗っていた客船を襲った海賊でした。ゼフにとってサンジは本来ならば助ける義理もない間柄です。しかし、サンジには「世界中の海の食材が集まる海『オールブルー』を見つける」という夢があり、それはゼフと同じ夢でした。だから、ゼフは自分の足を切断して食べることで飢えをしのぎ、サンジに食料をすべて渡すという行動を取ったのです。
次のページ
サンジがギンに対して取った行動には理由がある
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事