ライフ

「やっぱりステーキ」と「いきなり!ステーキ」はなにが違う? 実食して比較

 沖縄で人気のステーキチェーン店「やっぱりステーキ」が6月17日、吉祥寺に東京1号店をオープンさせた。ステーキが1000円(税込)で食べられるとあって、オープンから連日2時間待ちの大盛況となっているという。  元々、ステーキを安く提供しはじめた筆頭といえば「いきなり!ステーキ」だが、この2店舗にはどんな差があるのだろうか? 比較してみることにした。

やっぱりステーキは大行列!

やっぱりステーキ

吉祥寺にオープンしたやっぱりステーキ。行列ができていた

 吉祥寺駅から井の頭公園に向かう一角にオープンした「やっぱりステーキ」はオレンジ色の外観が目を引く。開店1時間前の午前10時にはすでに6人が並んでおり、開店時刻の11時には40人もの行列になっていた。
やっぱりステーキ

店内の様子

 スタッフのユニフォームは、揃いのTシャツにキャップというラフなもので、リーズナブルなお店を印象づける。店内のデザインや掲示物も派手なものが多く、ステーキの高級感を払拭しようという意図がうかがえる。
やっぱりステーキ

やっぱりステーキ(税込1000円)

 注文したのは看板メニューの「やっぱりステーキ(税込1000円)」で、部位としてはミスジを使ったステーキ。 やっぱりステーキ 150gといえど、音をたてながら鉄板で焼かれる肉の塊は存在感抜群で、すでに1000円が破格に感じられる。肉の味はというと、若干筋っぽさを感じるものの旨味もしっかりしているため、塩コショウだけでも充分美味しくいただける。店の雰囲気は安いファミレスのそれだが、肉にはしっかりこだわりがあるようだ。
やっぱりステーキ

色々なカスタマイズができる

やっぱりステーキ

ライス・スープ・サラダが食べ放題って…!

 オリジナルのステーキソースはあっさり目の味付けで、肉に押されている感が否めないが、ニンニクなども追加投入できるためカスタマイズ次第で好みの味にできるだろう。さらに、がっつり食べたい人にうれしいのが、ライス・スープ・サラダが食べ放題という点。サラダはシンプルなキャベツミックスで、スープも凝ったものではないが、嬉しいサービスだ。
やっぱりステーキ

食べ放題はセルフサービスとなっている

 実はこの「お客が喜ぶサービス」が裏を返すと人件費の削減にもつながっている。食べ放題のものとお冷がセルフサービスとなっており、これによってスタッフが配膳するのはステーキだけで済む。さらには、ステーキ店には珍しい食券制なので、ホールのスタッフは基本的に食券を受け取り席へ案内し、ステーキを配膳するだけでいいということになり、経費を抑えて1000円ステーキを可能にしている。
次のページ
いきなり!ステーキにも行ってきた
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事