仕事

19歳現役女子大生がカジノディーラーで生きる

yamadamai samne 都内の大学に通う現役女子大生。将来なりたい職業も特になく、ただ何となく過ごしていた毎日。そんなどこにでもいる普通の女子大生がカジノディーラーになるべく、カジノの世界に挑む一大記を今回からスタート! 日刊SPA!&YouTube「SPA!チャンネル」では、その模様を連載形式でお届けしていきます。 【第1話 普通の女子大生が日本カジノ学院に入学】  毎日がつまらなかった。  大学受験に失敗して、第二志望の都内女子大学に入学した。若さと時間を刹那的に消費しているようにしか見えない、キラキラした同世代の周囲の女のコに馴染むことができなかった。元来明るい性格ではなかったが、第一志望の大学に受からなかったことで輪をかけて卑屈になっていた私は、男女で青春を過ごす為の名ばかりのテニスサークルや、親のお金で買ったMiuMiuのバッグを見せびらかす女子会を見つけては心の中で悪態をついて憂さを晴らしていた。 「大学やめたいな」  本音はそうだ。でも、大卒という学歴は必要だと、1年間通い続けたが、それもそろそろ限界だ。大学を出たところで、やりたい仕事も、仕事に生かせそうな特技もない。将来への不安が募っていくばかりのそんなある日、知人が「テキサスホールデムポーカー」を教えてくれた。 「ポーカーの一種なんだけど、ただのギャンブルゲームとも違う。確率、心理、運……さまざまな要素を駆使して相手の手札を読み合い、打ち負かすゲームなんだよ」  聞けば、世界中で人気を集め、優勝賞金10億円超の世界大会まで行われているという。日本人でも昨年WSOPという世界大会で準優勝して約9000万円の賞金を稼いだ人や、プロプレイヤーとして世界で活躍している人もいるとか。  それまで趣味という趣味がない枯れた毎日を送っていた私がテキサスホールデムポーカーにどハマりするのに、そう時間はかからなかった。夜な夜な新宿のアミューズメントカジノバーに通い、ルールとスキルを磨く日々。いつしかポーカーにかかわる仕事をしてみたいなあ、とぼんやり思うようになったのだった。 「ディーラーを仕事にできたら、どんなに幸せだろう」  各所のアミューズメントカジノで働く美人ディーラーさんたちの華麗なカードさばきに惹かれたのもあるけど。冷静に考えれば、カジノ法案が通過した日本では今後、カジノが全国各地にオープンする。  大阪、横浜、長崎、北海道……いま立候補している地域で働け、かつ空前絶後の経済効果をもたらすカジノのディーラーなら手に職がつくはず。ようやくなりたい職業も見つかった……そんな思いを抱きながら、渋谷に本校のある「カジノ学院」の門を叩いたのだった。
ポーカー中の山田まいさん

ポーカーにどハマり中の山田まいさん

1年後にはカナダでカジノディーラー武者修行が目標に

「コロナで休校してましたが、5月から通常どおり授業はやってます。これからディーラーとしてポーカーだけじゃなく、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどのスキルを学んでもらいますね」  日本カジノ学院学院長の白石勝樹さんが入学手続きをしながら、丁寧に教えてくれた。日本カジノ学院とは、カジノディーラーを養成する専門学校みたいなところ。週のうち通える時間に授業を予約し、約1年かけてディーラーとしてのスキルを取得。卒業後は提携している海外カジノに留学もできるのだとか。  提携先はシンガポール、マカオ、カナダとあり、多くの卒業生が活躍している。ディーラーになれるうえに、海外生活まで送れるとは夢のよう。 白「でも、海外にいけるのはうちが卒業を認めた人だけ。あと英語も話せるようにならないと。英語は話せますか?」 私「自信はありません」 白「そこは頑張ってもらうしかないかな」 私「がんばります。とりあえず…カ、カナダに行きたいです!」 白「じゃあ、僕らも全面的に応援しますので、頑張りましょう」 私「は、はい……!」  本当は、不安しかない。  だけど、ここまで来たらやるしかない! この連載を続けるためにも、週3回のカジノ学院通いと英会話(独学)を身につけ、1年後にカナダへ留学することを決意した。 白「特にポーカーが好きなんですよね?」 私「はい、大好きです」 白「じゃあ、国内の大きなトーナメントが7月にあるから、まずはそこを目標に頑張りましょう」 私「1か月しかありませんが……」 白「大丈夫。スパルタでいきますので(笑)」  果たして、普通の女子大生がカジノディーラーになれるのか(私次第ですが……)。死ぬ気で頑張りますので、みなさん応援してくださいね。
(取材協力/日本カジノ学院19歳。都内の女子大学に通う普通の女子大生。ある日、テキサスホールデムポーカーの魅力にハマり、カジノディーラーを目指すべくカジノ学院に入学。目標はカジノがオープンする日本で人気ディーラー!?
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事