デジタル

これはゲーム? 映画? 実写作品『デスカムトゥルー』がNintendo Switchで配信開始

 最近はあまり見かけない実写ゲームですが、ゲーム史を振り返ってみるとそれほど珍しいものではありません。最初期は実写写真を取り込んだキャラのゲームが注目を集めました。たとえば格闘ゲームの『モータルコンバット』などがそのひとつです。  ゲーム機に大容量を可能とするCD-ROMが採用されると、実写映像を用いたストーリーメインの作品が登場し始めます。メガCDのホラーアドベンチャー『ナイトトラップ』(1993年)はインパクトがありました。  PS1やセガサターンの時代になってからは、榎本加奈子さん、高田純次さんなどが登場するPS1『ユーラシアエクスプレス殺人事件』(1998年)を筆頭に、芸能人、俳優を起用したインタラクティブドラマ系アドベンチャーが増加。三上博史さんが主演したドリームキャストのサイコホラーアドベンチャー『es』(2001年)は、その迫真の演技に引き込まれました。ただ、残念ながら実写ゲームはヒットに恵まれず、日本ではあまり浸透しませんでした。

PSオフィシャルサイトの『ユーラシアエクスプレス殺人事件』(1998年)ページ

 今回の『デスカムトゥルー』は、そうした過去の実写ゲームの系譜に連なるものと言えます。また、Netflixのドラマ『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』に代表される、選択肢によって内容が変わる「インタラクティブコンテンツ」や、海外で火がつき始めているゲーム発のインタラクティブドラマのトレンドを、日本にいち早く持ち込んだタイトルという側面もあります。

展開が分岐する海外ドラマ『ブラック・ミラー: バンダースナッチ』公式サイト

『デスカムトゥルー』はNintendo Switchでも配信されていますが、ゲームファンではなく、むしろドラマ・映画ファンと相性が良さそうです。  昨年、Netflixがゲームへの本格参入を発表するなど、オンライン動画配信サービスとゲーム業界が近づきつつあるなか、過去に花開かなかった実写ゲームが、今度こそ定番のコンテンツとなる日が来るのでしょうか。ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲーム紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。雑誌連載をまとめた著作『はじめてのファミコン~なつかしゲーム子ども実験室~』(マイクロマガジン社)はゲーム実況の先駆けという声も
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠