お金

100円ショップ「キャンドゥ」の売上高を見れば日本人のコロナ意識がわかる

キャンドゥ店舗「コロナで儲かった業界は?」 「コロナで大不況に陥った企業は?」  この3ヶ月間ほど、各メディアでこのようなテーマの記事を多く見かけた人も少なくないでしょう。  何より、私馬渕磨理子自身も、そのようなテーマで寄稿する機会が多かったのですが、すでに飲食業界とアパレルが大打撃を食らっており、ドラッグストアやEC業界が急成長していることはみなさんも周知の通りかと思います。しかし、新型コロナウィルスの感染拡大が続く中で、密かに需要を獲得した業界がまだあるのをご存知でしょうか。  それが、100円ショップです。  特にその中でも、キャンドゥの株価はコロナ以前よりも高くなっていたのです!  キャンドゥがなぜ儲かってるのか? そう、コロナ禍の数少ない希望の灯火、いわば“キャンドゥル”的存在のキャンドゥの実態に迫っていきましょう。

キャンドゥの株価は“4倍返し”だ!

 まずは、衝撃的な事実からお知らせしましょう。キャンドゥの株価は、3月に1411円だった底値から、直近で2569円まで1158円上昇しています。  実は、この上昇幅はかなりすごいのです。  コロナ騒動以前の2月の下落幅を見ると、2月10日の1684円から3月13日は1411円の底値となっており、273円の下落となっていました。つまり、コロナ以前の底値から現在までの伸び幅を見ると、“4.2倍返し”の上昇となっているのです。  さらに、キャンドゥは7月13日に業績の上方修正を発表しています。2020年11月期の売上高は、前期比4.2%増の743億円、営業利益は同22.4%増の14億6000万円、純利益は同29%増の4億2000万円へと上方修正しています。  つまり、キャンドゥは、企業として絶好調なのです。
次のページ
なにがキャンドゥを伸ばしたのか?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事