恋愛・結婚

瀬戸大也の白昼4600円不倫に、寛大な熟女キャバ嬢たちが怒り狂うワケ

―[キャバ嬢に訊け]―
 東京五輪の金メダルも期待される日本競泳界のホープ・瀬戸大也(26)の白昼不倫を、24日発売の週刊新潮が報じた。瀬戸選手は2017年に元飛込選手の馬淵優佳さん(25)と結婚し、2人の子供がいるイクメンパパとしても知られている。  今回の報道では、子供の保育園の迎え前に、愛人らしき女性と足立区のラブホテルで密会する様子が詳しく報じられており、現役五輪選手のゲス不倫に世間からは驚愕の声が上がっている。そこで今回もお馴染の熟女キャバ嬢達にジャッジしてもらう。

不倫相手にも腹が立つ!

 まず、最初に怒りをあらわにするのは、東京都下の熟女キャバクラに勤務するエリナさん(仮名・35歳)。 「世間では瀬戸クンに対して、『真面目そうなのに』『奥さんを大切にしてそうだったから意外』という声が多く上がっているようですが、私はそうは思いませんね。瀬戸クンのような一見、おとなしそうな子が実は1番チャライんですよ! 私もこういう真面目そうな客に何度、騙されたことか……(中略)。  でも何より腹が立つのは、報道した雑誌に掲載されている不倫相手のツイートですね。『待つ人生はイヤ』とか『この関係に疲れた』的なことを書いていましたが、不倫しているくせに被害者ぶるな! と思いました。  そもそも休憩4600円のラブホに連れて行かれている時点で察して、拒否ればいいだけでしょうが。仮に瀬戸選手が奥さんと離婚して再婚できたとしても、不倫女が祝福されることは一生ないと思いますよ。既婚者に手を出す人の人生を軽く見ている女が、そんな今後の人生に耐えられるとは思いませんけれどね」  開口一番、「瀬戸選手は絶対にチャラい」と言いのけたエリナさん。さらに、今回の週刊新潮に掲載されている、瀬戸選手の不倫相手と思しきCAの女性が投稿したツイートにも怒り心頭ようだ。

イクメンが評価されるのはおかしい

イクメン

イメージ写真

 だが、それ以上に怒るのはエリナさんと同店に勤務するサヤカさん(仮名・39歳)。 「私が今回、特に胸を痛めたのは瀬戸選手の奥さんがつい先日、バラエティ番組に出演した際に『夫から“女を忘れたらいけないよ”と言葉をかけられて、ショックを受けると同時に反省した』と言っていたのに、実は浮気されていた……ということ。  私が離婚した元夫も、私の化粧が変とか服装が変とかダメ出しするタイプでした。こっちが色々努力していても結局、出張先で20代のキャバ嬢の店に通い詰めていましたからね。瀬戸選手もそうですが、奥さんのことをバカにというか下に見てるからこそできる行為ですよね。  さらに、瀬戸選手ってSNSに奥さんや子供を載せたりして家族仲が良いアピールをよくしているイメージがあるんですが、そういう男こそ信用できない。元夫も普段は家に全然帰らないくせに、子供の写真だけは定期的にインスタに載せていました。  女が仕事しながら子育てしても当たり前という目で見られるけれど、なぜか男は評価されるから載せるんでしょうね。これも、『結婚=社会的ステータス』という世間のアホな風潮のせい。イクメンが評価されるというくだらない文化は、今すぐになくしたほうが良いと思いますね」
次のページ
五輪選手としてどうなのよ……?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事