エンタメ

女優・蒔田彩珠。映画『朝が来る』役になりきった日々

♯4 蒔田 彩珠さん(前編)

 テレビプロデューサー「鈴木さちひろ」が“今後輝いていくであろう女優やタレント”を独自にピックアップする新連載『focus on!ネクストガール』。  蒔田彩珠(まきた・あじゅ)さん。子役として出演したドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(関西テレビ、2012年)以降、是枝裕和監督作品の常連となり、その後、初主演を務めた映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018年)では高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。10月23日(金)公開の河瀨直美監督『朝が来る』では複雑な事情を抱える少女役を演じている。そんな彼女の、女優へのこだわりや、プライベートを聞いてみた。 focuson01

実力派女優の日常

――色々とお伺いさせて頂きます。最初の質問なんですが、リラックスする時は何をしますか? 蒔田:そうですね……犬を飼っているので、犬と寝ます!犬と寝てる時が、いちばん癒されますね。散歩へも行きます。家の近くに公園があるのでそこへ……3匹飼ってるんですけど、3匹連れていると見られますね、うるさいので(笑)。 ――なるほど、飼う時に選ぶのは蒔田さん? 蒔田:兄妹みんなで行くんですけど、私が絶対に決めます(笑)。犬種は3匹ともバラバラです。 ――3匹のうち、このコを可愛がっちゃうとかありますか? 蒔田:いちばん最初に飼ったワンちゃんがけっこう人間っぽくて、めんどくさい性格なんですよ。他のコを可愛がっていると、寄ってくるとかじゃなくて、本当にすねちゃう。あのコがいちばん可愛がらないといけないコです。みんなちゃんと気持ちがあるんですよね。 ――他に飼ってみたいペットはいますか? 蒔田:うーん……カワウソを飼ってみたいです。ちっちゃいやつ。お兄ちゃんがカワウソを大好きで、この前カワウソカフェに行きました。 ――カワウソカフェ?! 蒔田:カワウソカフェ、あるんですよ!可愛いです、本当に。カフェの中を、3、4匹くらい、うじゃうじゃって歩いてます(笑)。いずれ飼ってみたいなって思ってます。

「ひかり」の家族と共同生活しながら学校にも登校

――なるほど。では、女優業の話に移りますが、映画『朝が来る』(10月23日公開)の話を最初に聞いた時はどうでしたか? 蒔田:オーディションへ行く前に、辻村深月さんの原作(『朝が来る』文春文庫)を読んで「あぁ、この役は絶対やりたいな」と思ってたので、全力でオーディションを受けました。 ――そうなんですね、辻村深月さんの本を読んだ時に、もうやりたいなって……。 蒔田:……やりたいなって思いました!この役は、14歳から20歳 までの話なんですけど、この成長を演じられたら、絶対にいい経験になると思いました。 ――実際に演じた「片倉ひかり」の役をやるにあたっての役づくりはどんな風に? 蒔田:河瀨監督の現場では役積み期間というのがあって、3週間くらい、映画の中で「ひかり」が登校している学校へ登校したり、部活へ行ったり、家族の皆と一緒に暮らしたりしましたね。 ――役積み!本当の自分ではなく、役になりきって生活するというのはどうでした? 蒔田:最初は違和感がありました。名前も「ひかり」って呼ばれていたし、お母さん(中島ひろ子)もお母さんらしく本当に怒ってくるので(笑)。でもその期間があったから、家族の関係性のようなものができたのかなとも思いました。 ――撮影に入ってから、難しかった、印象に残っていると感じたシーンはありますか? 蒔田:そうですね……やっぱり「佐都子」(永作博美)と「清和」(井浦新)と「ひかり」がマンションで対立するシーンは、大変でしたね。 ――共演者の中で、この方の演技には惹きつけられたという方はいますか? 蒔田:(劇中に出てくる)「ベビーバトン」の寮で、先輩妊婦さんの山下リオちゃんと一緒に生活したんです。その中で山下さんが役としてインタビューされているシーンがあって、監督が実際に撮っているんですけど、そこの山下リオちゃんの演技には、本当にグッときましたね。 ――その山下リオさんはじめ、共演者の皆さんと撮影中、どんな風に過ごしてましたか? 蒔田:一緒に、島の寮で暮らしていた、山下リオちゃんにはご飯をつくってもらったりもして、本当のお姉ちゃんみたいな感じでしたね。
次のページ
見どころは……もう映画全体です
1
2
映画『朝が来る』は10月23日(金)全国公開!
監督・脚本・撮影:河瀨直美
永作博美 井浦新 蒔田彩珠 浅田美代子
原作:辻村深月『朝が来る』(文春文庫)
共同脚本:髙橋泉 音楽:小瀬村晶 An Ton That 主題歌:C&K「アサトヒカリ」(EMI Records)
制作プロダクション:キノフィルムズ 組画 共同制作プロダクション:KAZUMO
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2020「朝が来る」Film Partners
公式HP:asagakuru-movie.jp
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事