ライフ

オンライン会議で映えるインテリア6選。達人愛用品がズラリ

 在宅勤務が日常化し、自宅を本格的に“仕事仕様”にする必要が出てきた今、効率的なリモートワークや自宅時間の充実のために何を買うべきか、各ジャンルのプロが自腹で買ったおすすめを大公開!

オンライン会議の背景にはランタンや観葉植物を忍ばせて

 コロナ禍によってリモートワークが普及し、自宅で会議や商談を行う機会が増えた。そこで新たに生まれた悩みが、「オンライン会議の背景どうするか問題」だろう。  部屋を大改造するわけにもいかないし、生活感丸出しは恥ずかしい。かといってバーチャル背景もダサい。何とか背景に映り込むインテリアのセンスで差をつけたい。そこで、インテリア&プロップスタイリストの窪川勝哉氏に自室を見せてもらい、「オンライン会議映えするインテリア」を教えてもらった。
201110kubokawa01

インテリア&プロップスタイリスト窪川勝哉氏の部屋

 「オンライン会議の背景どうするか問題」の最適解のひとつと言えるのが、窪川氏が愛用しているというBALMUDAの「The Lantern」だろう。蝋燭のように揺らぐ暖色から、読書にも使える温白色の灯りまで調節できる上に、充電式で生活防水レベルの防滴性能も備えている。 「白壁の部屋の一角が私の仕事スペースです。オンラインでの仕事が夕方以降だと、画面全体が重い空気感になってしまいます。そこで後ろの壁に立て掛けたのが、BALMUDAの『The Lantern』です。暖色系の灯りが幻想的な世界観を演出してくれるので、和やかな雰囲気で会話が進みます。ジブリの世界みたいと言われることも少なくありません」
201110kubokawa02

BALMUDA「The Lantern」実勢価格:1万5200円

壁面収納アイテムで小さなグリーン

 対面でもそうだが、会話中に相手の顔ばかり見ているのは気まずい。背景がごちゃごちゃしていると意識散漫になるので得策ではないが、視線を外せるポイントを1か所作っておくのは、相手への思いやりだ。 「壁面収納アイテムで人気のAmabro『PEG WALL』に小さなグリーンを掛けるのは効果的です。また、背景が壁ではなく抜けているなら、大きな観葉植物をかけたり、あるいは天井からダクトレールに観葉植物を吊るせば、都会のオアシスのような雰囲気を演出できます。これだけで空間に“癒し”が生まれます」
201110kubokawa03

Amabro「PEG WALL / Walnut(S)」実勢価格:5500円

201110kubokawa04

観葉植物をダクトレールから吊り下げればリゾート感満載。無印良品のダクトレールでもDIY可能だ

次のページ
ひとつあるだけで部屋の雰囲気を締める名作インテリア
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事