仕事

20時閉店で“夕食難民”が発生中。Uber Eats配達員は「今が稼ぎ時」

 関東の一都三県を皮切りに、各地で二度目の緊急事態宣言が発令された。飲食店の営業は20時まで、酒類の提供は19時までとなり、「夕食難民」といった言葉も話題になっている。Uber Eatsなどのデリバリー対応店も、夜間はデリバリー中止もしくは店舗自体を休業とする店が増えている。  いま、会社員の“副業”としても注目を集めるUber Eatsなどの配達員。「夜が稼ぎ時」とも言われているが、緊急事態宣言を受けて、配達員たちの稼ぎに変化は起きているのだろうか。じつは、むしろ「今がチャンス」との声もある。いったい、どういうことなのか?

今が稼ぎ時「20時以降の鳴り(配達リクエスト)が増えた」

配達員

写真はイメージです。以下同

 前回の緊急事態宣言時には配達員の増加と店舗の休業が影響し、「1時間に1件運べればマシ」という状況だった。今回もそんな「激渋」状態かと思いきや……筆者が複数の配達員たちに取材したところ、意外な事実が浮かび上がってきた。  なんと、今が“稼ぎ時”だというのだ。  横浜で配達員をしているあゆむさん(Twitter:@ayuumu5)はこう語る。 「緊急事態宣言が出たからといって、“注文が減った”など大きな変化は感じていません。むしろ、20時以降の鳴り(※配達リクエストが入ること)が増えた印象です。僕は20時半くらいまでしか配達しませんが、周りの配達員を見ていても21時半まで鳴りは良さそうです」

テイクアウト対応の店もあるので「稼ぎに影響は出ていない」

 また、都内を中心に稼働している女性配達員のOShIZUさん(Twitter:@luv_ubereats512)も、稼ぎに影響は出ていないという。 「緊急事態宣言が出たから鳴らなくなった、とはあまり感じていないです。20時以降はテイクアウトのみ展開されているお店も多いので、『鳴らなくて渋い』というのは無いです。ただUberは天気に左右されるので、暖かい日は鳴りにくいですね。皆さん外出しやすいのか、中々注文が入らないです。寒い日や雨の日はかなり鳴っています」  OShIZUさんは平均して1時間に3件、多い時で4~5件配達しているそうだ。  1時間に3件運んだ場合、報酬は1000円ほど。時間帯とエリアによってはインセンティブも加算されるため、1000円以上になることも。十分に「稼げる状態」と言っていい。
ブースト

インセンティブのひとつ「ブースト」。指定の時間内にブーストエリアで配達すると、通常報酬の1.1倍~1.3倍になる。写真は、京都府エリアのもの

 関東の一都三県に遅れて緊急事態宣言が発令された関西でも、「コンスタントに稼げている」という声が多い。前回の緊急事態宣言下と何が違うのか?
次のページ
繁華街に配達員が集中。郊外エリアでは人手不足
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事