ライフ

ユニクロペイ、他の電子決済と何が違う?使ってみて“可能性”に震えた

 ユニクロが電子決済サービス『UNIQLO Pay』をローンチした。これはクレジットカードまたは銀行口座と紐づけさせる、QRコード決済方式のもの。「またQRコード決済かよ」というツッコミの声もあるかもしれない。確かに、この分野のサービスは乱立している。飽和状態の中、今更新しいサービスを作っても定着できるのか? という疑問は拭えない。が、UNIQLO Payは従来のQRコード決済とはまったく異なる意義を含んでいる。

セルフレジをよりスムーズに

ユニクロ

もはや生活に欠かせない存在の「ユニクロ」

 UNIQLO Payはユニクロの公式アプリの新機能として追加されたものだ。上述の通り、クレカか銀行口座と連携させて使用する。筆者もローンチ当日にアプリと銀行口座を紐づけした。PayPayのように、チャージしたお金をプールしておくことはできないようだ。
ユニクロペイ

画像は、UNIQLO Payの画面(以下同)

 ユニクロで買い物をする際、レジでQRコードを提示する。が、よく考えれば今のユニクロはレジが無人化している。徹頭徹尾自分の手で会計まで済ませる仕組みだ。スマホアプリを立ち上げ、QRコードを読み込ませる。文字にすれば、非常に単純だ。

レジに人間は必要ない

 しかし実際にやってみると、緻密に考えられた合理的なシステムだということが分かる。筆者もこの記事を書くためにユニクロで買い物をしてみたが、このシステムは他店も見習うべきではないかと感じてしまったほどだ。単刀直入に言えば、もはやレジに人間は必要ない。
次のページ
ユニクロはもはやインフラ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事