仕事

名作アニメ、制作現場は人手が足りない? SNSでの募集告知が話題に

名作アニメが人手不足で作れない!?

 2月初頭、あるアニメ製作会社がTwitterで行った告知が話題を呼んだ。現在制作中のアニメが人手が足りずに募集を呼びかけるものである。この募集を行ったのは中野区に本社のあるテレコム・アニメーションフィルム。1975年設立の歴史の長い制作会社で、その技術力は高く評価されている。  そんな制作会社がTwitterで行ったのは「現在弊社で作成していますシェンムーの作監作業ができる方を探しています」という告知。ツイートされたのは2月1日だが、翌2日には早くも「おかげで多数のお声いただくことが出来ました」とツイートしている。  このツイートが話題となったのは、まず人手が足りない作品が『シェンムー』だったこと。これはゲーム史で様々な意味で話題になる作品のアニメ化だ。1999年にドリームキャストでリリースされた、セガの制作するシリーズ第1作『シェンムー 一章 横須賀』は巨額の制作費と、集められたスタッフの豊富さで話題となった。  だが、シリーズは2001年に『シェンムーII』がリリースされた後に未完のまま中断。ドリームキャストを最後にセガが家庭用ゲーム機から撤退したこともあり、名作ながら不運だった作品として記憶されていた。  ところが様々な経緯を経て2015年に再始動。同年にはクラウドファンディングを実施した。このクラウドファンディングは開始から2時間経たない間に100万ドルを集め「もっとも短時間で100万ドルを集めたゲーム」としてギネスに記録されるまでになった。この背景には、日本国内はもとより海外でも続編を待ち望んでいるファンが多数存在したことがあった。

募集は当たり前だが……

 この出来事を経て続編『シェンムー3』は2019年にプレイステーション4とPC版でリリースされ高い評価を得ている。こうした経緯から熱いファンを持つ作品のアニメ化が発表されたのは2020年9月。アメリカのアニメ配信サイトCrunchyrollと、アニメ専門チャンネルのカートゥーン・ネットワークAdult Swimの共同プロデュースで、海外展開を前提にした作品として制作が進んでいた。日本国内はもとより海外からも注目されている作品で、製作途中で人材を追加募集という椿事が発生してしまったのだ。 「アニメ業界は慢性的な人材不足ですので、制作途中に人材を募集するのは、当たり前のことになっています。もっとも作品名は伏せて募集することの方が一般的なのですが……」(製作会社社員)
次のページ
制作が間に合わず……
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事