エンタメ

借金1200万円、芸人・岡野が語る「絶対にお金を借りてはいけない人」

今、その独特な借金マインドによって“クズ芸人”として話題になっている男がいる。借金があると、ときに病むことがあるが、メンタル面とはどう折り合いをつけているのか話を聞いた。

借金だらけの“クズ芸人”が語る返済苦から「心を守るマインド」

岡野陽一

現在、約1200万円の借金を背負っている岡野陽一氏

 現在、約1200万円の借金を背負っているのは芸人の岡野陽一氏だ。 「どうも最近は『コロナの影響で仕事がなくなって借金をしていると思われている節があり、同情されて借りやすくなりました。実際にはギャンブルで負けただけなんですが」と、ニヤニヤ笑う。 「今は芸人をやめた一般人など、合計10人の“債権者さま”からの借金があります。とはいえ働かなくても腰を低くして頭を下げればお金が手に入るので、僕にとってはバイト感覚で借りています」  岡野氏がお金を借りる際のポイントもこれまた少し変わっている。 「一人から気軽に借りられる限度額は8万円です。なぜか人は9万円以上になると抵抗感を抱きます。また、3万円を10回借りるよりも一度に30万円を借りましょう。  そのほうが債権者さまは『仕方ないな』とサイフがゆるみます。とはいえ、借りるのはあくまでお金に余裕がある人からです。余裕のない人からは絶対借りてはいけません」

『自分には借金がない』と思い込む時間をつくることが大事!!

 しかし、借金があると、ときに病むことがある。メンタル面とはどう折り合いをつけているのか。 「『自分には借金がない』と思い込む時間をつくることが大事です。例えば、家にいるときの僕は“借金のない人”として過ごしています。  実際には借金で買った家具に囲まれているのですが、そんなことはキッパリ忘れて、借金のない人としてストレスフリーで心に余裕のある生活を送るのです」
次のページ
手渡しで1万円を借りる経験
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事