お金

ディズニーに借金してまで通う50代男性。コロナでも通い続ける理由

新型コロナによる収入減が家計を直撃し、借金で生活を支えざるを得ない人が増えている。これまで借金とは無縁だった人まで、借金に手を出し始めているのだ。とあるディズニーオタクの男性は、新型コロナの影響で月収が減ったにもかかわらず、ディズニー愛が爆発し30万円の借金をしてしまったという。詳しい話を聞いた。

新型コロナ流行後にディズニー愛が爆発。チケット代で借金!

借金

Dオタ歴4年の栗原さん。「年間パスポートを所有していたときは、パークに月10~20回は通っていました」

「ディズニーが感じられない生活なんて、僕には耐えられないです」  そう話すほど、ディズニーオタクの栗原治さん(仮名・51歳)。警備員のバイトで生計を立てる彼は、これまで月30万円の給料のうち約10万円をディズニー関連に費やす生活を送っていた。  しかし、新型コロナの影響で稼働日数が減り、月20万円に激減。それでもディズニーに行きたい欲求は収まらず、ついに借金をすることに。 「今までは年間パスポートを買っていたのですが、ディズニーが再開してから年パスが一時中止になって、毎回チケットを購入しないといけなくなりました。  ディズニー好きの彼女と行くと、食事やグッズなど一回に約3万円はかかります。さらにGo To トラベルでディズニーホテルも対象になったことから、値段の高い『ミッキーマウスルーム』にも手を出してしまい……。気づけばキャッシングの残債が約20万円になっていました」

50代の体にムチ打つ返済生活

借金

所有するグッズのなかで最も高額という5万5000円のフィギュア

 ようやく昨年の秋からローン返済に向けて動きだしたという。 「ファミマTカードのクレジットを使っていましたが、より金利の低いイオンカードに借り換えました。さらに副業でウーバーイーツを始めて返そうと。  ただ、僕の稼働エリアは坂が多くて配達が大変。13万円の電動自転車をまた借金して買っちゃって。今はウーバーイーツでの月収4万円から月1万円を返済に回しています。  最低限の返済しかしていないので、元金が全然減らないんですが」
次のページ
なぜ借金をしてまでディズニーに?
1
2
週刊SPA!3/16号(3/9発売)

表紙の人/ 奈緒

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事