ライフ

40代日雇い男の100円ショップ生活「食費を1日500円以下に抑えたい」

 いまや衣食住にまつわる商品がなんでもそろう「100円ショップ」。安かろう悪かろうと言われていたのは昔の話だ。  僕は現在、東京都内の安いゲストハウスを転々とする生活を送っている。宿泊費は1泊1000円程度なのだが、社会の底辺で生きる僕はそれでも生活費が常にギリギリだった。なるべく自炊をして食費もできるだけ抑えたいところだった。できれば1日500円以内。100円ショップの最大手「ダイソー」でキッチン用品と食材を見てみることにした。

キッチン用品が驚きの充実ぶり

小林ていじ

東京都内のゲストハウスを転々としながら、日雇い派遣の仕事などで生活する筆者・小林ていじ

 ダイソーの店内をぐるりとまわり、まず驚かされたのはそのキッチン用品の充実ぶりである。包丁、まな板、フライパン、食器……などはもちろん、三角味噌マドラーなど料理を簡単にしてくれる便利アイテムも多数。それらの商品をぶらぶらと見てまわっているだけでも楽しくなってくる。  そんなキッチン用品エリアの一角にレンジ調理器のコーナーがあった。ラーメン、パスタ、どんぶり、だし巻きたまご……などをレンジだけで簡単に調理できるアイテムらしい。僕が今泊まっているゲストハウスのキッチンにはレンジはあってもコンロがないのでこれは非常に助かる。今回はパスタのレンジ調理器を購入することにした。

ダイソーは食材も豊富

パスタ

調理器も食材もすべてダイソーで買い揃えた

 食材もすべて同じダイソーで買い揃えた。500gのパスタ、2人前のたらこパスタソース、食卓塩。これで合計金額は税込みで434円である。
パスタソース

たらこパスタソースもダイソーで購入

 ゲストハウスに帰って共有のリビングキッチンで早速調理を開始した。パスタのレンジ調理器は本体と湯切り用のフタに分かれており、フタには1人前、1.5人前のパスタの量が計れるゲージも付いている。
パスタ

内側の線まで水を注ぐ

 今回は1.5人前作ることにしてその量をゲージで計る。それを本体に入れたら内側の線まで水を注ぎ、塩を少々入れて600Wのレンジでフタをせずに14分加熱する。
パスタ

いい感じにパスタが仕上がった

次のページ
1食分あたりの食材費は約150円
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事