ライフ

「100円均一のボードゲーム」東大生が奥深さに驚いた最高傑作3選

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

驚くべきクオリティの「100均のボードゲーム」

東大 皆さんは100円ショップ、いわゆる「100均」で買い物したことはありますか? 僕は昔から100均のヘビーユーザーでして、文房具から日用雑貨まで、とにかく何か必要なものを探すときには、まず近所の100均にあたっていました。  最近の100均は特に品揃えも豊富になってきたようでして、「え! こんなのも扱っているんだ!」なんていうアイテムを見つけることも珍しくありません。  たとえば、先日、僕の家の近くに比較的大きなダイソーができたのですが、なんとそこは店内の一角がまるまる観葉植物専用のコーナーになっていました!  しかも、非常に人気があるようで、常に何人かお客さんが植物を手に取ってみており、買い物かごに入れていく人も多いようでした。僕もついつい釣られてサボテンを一鉢買ってしまいました……。  ほかにも本棚の中に設置して本の整理を助ける「お助け本棚」や、部屋に飾ることができるオシャレでかわいい小物など、100円ショップはどんどん進化しているような気がしています。  その中でも特にすごいと思ったのが、100均のボードゲームです。どれもこれも100円で売られているとは思えないほどにクオリティが高く、簡単でありながらも非常に奥が深いゲームになっています。  それも、そのはずでこれらのゲームはダイソーのオリジナル商品なのではなく、実績のあるボードゲームメーカーが監修したゲームなのだそうです。  今回はやればやるほど思考力が身につくダイソーのゲームを3つご紹介します!

▼クローバーブーケ

クローバーブーケ

クローバーブーケ

「クローバーブーケ」は「初心者女子でも楽しく遊べるボードゲーム」をコンセプトとしてゲーム開発を行う久遠堂が手掛けた、2人用の対戦型ゲームです。  お互いのプレイヤーは0から9までの10枚のカードを持ち、互いに1枚ずつカードを引き合います。その後、相手から引いたカードと手持ちのカード2枚を場に出して、合計数の大きいプレイヤーが勝利します。  このようにババ抜きと大富豪を組み合わせたようなゲームとなっています。これを5回繰り返して勝敗を決めるのですが、1点だけ特殊ルールがあります。それは4のカードが場に出たときだけは、小さい数字を場に出したプレイヤーが勝つというルールです。
次のページ
計算力の実践的トレーニング
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事