ライフ

999円の航空券も発売。“攻めの価格”を変えないLCCの戦略とは

日本初LCCのいま

lcc 日本で初めてLCCが飛んだのは2012年3月1日のことだ。関西空港を拠点とするPeach Aviation(以下ピーチ)は2路線を就航させた。これが日本にLCCが誕生した瞬間であり、Peach Aviationは日本初のLCCなのだ。9周年を迎えた今年、国内線32、国際線17路線を35機のエアバスA320シリーズで結び、3700万人を超える旅客を輸送するエアラインとなった。  関西空港から始まったネットワークは新千歳、福岡、那覇、仙台に加え、2019年に統合したバニラエアの拠点だった成田空港も加わった。今では関西空港で12路線、成田空港で12路線を持ち東西2大都市に拠点が出来上がった。特筆すべきは、コロナ禍の中でもPeach Aviationは2020年度に中部国際空港路線を新規開設する形で合計10路線を就航開始したことだろう。

お得がつまった空の旅を提供

 LCCの言葉の意味は格安航空会社ではあるがピーチの強みは格安な航空運賃に加えて、旅の行程でお得になる様々なパーツを提供している点にある。具体的な事例を航空券のセール情報から見ていこう。3月1日の9周年の記念セールで999円の航空券を期間限定、席数限定で発売していた。  半月後の3月18日から21日までの期間限定で4月から10月末まで搭乗できる運賃を1990円からで発売した。搭乗期間が長いので、例えば成田⇒新千歳へ夏休み期間中に予約したとしても3290円からとお得に利用できる。Peach Aviationは半月に一回程度の頻度で、年間で20~30回ものセールを行っている。今までの販売実績を見ると、1000円を切る運賃は少ないがこの先も2000円前後からの運賃は月2回程度のペースで発売される予定だ。  セールの途中でも随時運賃がお得になる情報は更新される。現在、4月10日までの期間限定でバリューピーチ運賃の10%引きと北海道、東北、北陸の発着路線限定で1000円Offクーポンが用意されている。運賃以外で旅のパーツの中では、PEACH ROOMSと言われる世界50万軒以上のホテル予約やPEACH CARSと呼ぶレンタカーを安く手配できるのは当たり前。  JRのフリーパスが更に安く買え、空港への送迎や公共交通機関の割引、スーツケースのレンタルなど旅を楽しく快適にするキーワードが目白押しだが、中でも最近話題になっているのはPCR検査が付いた航空券だ。
次のページ
飛行機に乗ってPCR検査!?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事