ライフ

「ユニクロの定番コラボ」業界関係者も実は買っている傑作アイテム3選

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第326回目をよろしくお願いします。

進化を続ける「ユニクロのコラボ」

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 ここ数年、よく耳にするようになりました「ユニクロのコラボ品」。ジルサンダーがどうだとか、ルメールがどうだとか、アンダーソンがどうだとか、イネスがどうだとか……呪文のようにしか聞こえないコラボ相手ばかり。お前らどこの誰やねんと。  そこで、今回は業界関係者も注目しているユニクロコラボについておさらいです。  毎年、欠かさず展開しているコラボを紹介。「何が得意で、どんなアイテムを買うべきなのか」などをお教えします。

★テーラードアイテムやシャツなら+J

+J

昨秋に9年ぶりの復活を果たした「+J」

 まずは「+J」。  2009年秋冬に初お披露目となったユニクロとジルサンダーのコラボレーション。無論「ジルサンダー」とはFFの魔法ではありません。人名であり、ブランド名です。  シンプル/ミニマルなデザイン志向が特徴で、現在でもファッショントレンドを牽引する世界屈指のブランド。  混同しがちですが、ユニクロとコラボしているのはブランド「ジルサンダー」ではなく、創業者である「ジル・サンダー」本人。なので、コラボに現在のブランド「ジルサンダー」はまったく関係ありません。  おそらくですが、現在のブランド「ジルサンダー」はこのユニクロとの協業を疎ましく思っているんじゃないかな。「ジルサンダー」はシャツ1枚10万円するようなブランドですが、ユニクロと創業者である「ジル・サンダー」とのコラボでは3000円でほどでシャツが購入可能ですからね。  ブランド側としては「勘弁してくれよ……」と思ってるでしょう。そのあたりのクレーム対策からか、報道される際やプレスリリース時などには「ジル・サンダーとのコラボレーション」などとジルとサンダーの間に点がつけられブランド「ジルサンダー」じゃないことを静かに主張しています。  本来であれば、ブランド名の使用権利はブランド側に帰属しているわけですが、ジル・サンダーは本名ですからね(笑)。  このへんが混同されがちですが、ユニクロ側としては「ブランド『ジルサンダー』とのコラボ」と誤解されてラッキーでしょう。何しろ今1、2を争うくらいの人気ブランドですから。
次のページ
加熱する「+J」転売に業界関係者も驚愕
1
2
3
4
5
6
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事