ライフ

喫茶室ルノアールの「個性が強すぎる」店舗たち。釜飯、サバ味噌を出す店も

働く世代のミーティングやテレワークの強い味方である「ルノアール」。都内近郊の主要駅の多くで、駅前にあるため重宝する上に、チェーン店であるためにどの店でも安定したクオリティで提供されるサービスも魅力の一つ。しかし、そんなルノアールの中には「個性が強すぎる」店舗があることをご存知だろうか。

昭和の風薫る和風ルノアール

ルノアール

和風な作りに“普通のルノアール”に慣れた人は驚きを隠せない

 吉祥寺には2店舗のルノアールが存在する。北口にあるルノアールは2019年6月にオープンした新店舗で、喫茶というよりカフェという言い方が似合うようなオシャレな内装。そして電源やWi-Fiを完備した現代の需要にあった店作りでお客を集めている。  一方、それより以前から吉祥寺民の憩いの場となっているのが南口(公園口)からすぐの場所に店を構えるルノアールだ。現代風の吉祥寺北口店と対照的に、昭和な風情が全開な雰囲気が特徴的だ。 えんじ色の渋いソファーや格子状の木組み、ランプのシェードに至るまで昭和の時代にタイムスリップしたような雰囲気がある。現代で昭和レトロといえば、どこかチープな要素を含んでいることがあるが、このルノアールの昭和な風情は、ヤクザ映画や香港映画でマフィアが悪事の相談をしていそうな重厚さのあるレトロ感を醸しだしている。

店内には池があり錦鯉もいる!? 純和風ルノアールの魅力

ルノアール

石灯籠に思わず「ココは本当にルノアールか?」と思ってしまうが、正真正銘のルノアールである

 そんな店内で、ひときわ目を引くのが店内に日本庭園があること。まず、店舗入り口をはいって左手には、砂利敷きに石灯籠の立ったスペースがある。さらに、店内中央にはなんと池までしつらえてあるのだ。和風の池に流れる水音を聞きながらコーヒーを飲むというのは、他のルノアールでは、まず間違いなく味わえない。
ルノアール

店内には池があり錦鯉も……!?

 池の中に、鯉まで泳いでいるかと思ったが、流石にこれは作り物。とはいえ、ここまで徹底した雰囲気づくりに、根強いファンも多いという。この店作りは、女性オーナーの趣味。従業員も妙齢の女性が中心で、他店舗よりさらに落ち着いた空気が充満しているルノアールだ。
ルノアール

池の中の錦鯉は残念ながら偽物。しかし、この凝りようには脱帽である

次のページ
本格的な釜飯が味わえる!?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事