ライフ

お酒のコルクが「劣化して開かない」ときの応急処置の方法

劣化したコルクの開け方は?

 古いウイスキーのコルク栓を抜く時、たいして力を入れていないのに頭がもげてしまうことがあります。そんな時は、ワインオープナーを使います。スクリューを刺して抜くのですが、折れるということはコルクが劣化しているということなので、真っ直ぐ刺してもうまくいかないことが多いのです。  そこで、斜めにゆっくりスクリューを刺し、そっと引き抜きます。動かないときはボトルを横にしてお酒でコルクを湿らせたり、小刻みに左右に動かして少しずつ引き抜きます。
ワイン

家飲みしようとした「アードベッグ・コリーヴレッカン」のコルクが折れてしまいました

ワイン

コルクが劣化しすぎていて、スクリューが刺さりませんでした

 スクリューがうまく刺さらない場合は、ブレードタイプのワインオープナーを使ってみましょう。金属製のブレードが2本付いており、コルクを挟むように差し込んで引き抜くのです。古いワインでコルクがもろくなっているときに使うオープナーで、1000〜3000円で販売されています。  しかし、今回のようにコルクが劣化しすぎていると、ブレードが刺さらずコルクが崩れたり、押し込まれてしまいます。これではコルクを抜くことができません。  アイスピックを斜めに刺して抜く方法もあるのですが、今回は刺さりませんでした。
ワイン

ブレードタイプのワインオープナーを試します

ワイン

ブレードを刺そうとするとコルクが押し込まれてしまいます

抜いてダメなら押せ!

 こうなったら、まずは一旦コルクを落としてしまい、お酒を救出します。もちろん劣化したコルクを落とすと破片が出てしまうので、茶こしでごみを取り除きます。ウイスキーは綺麗なデキャンタなどに入れておきましょう。なんなら、そのままデキャンタ保存するのもありです。  ボトルに戻したいなら、箸などでボトル内部に落としたコルクを壊して取り出します。中がキレイになったら、ウイスキーを戻し、同じもしくは似た瓶のキャップを付ければ完了です。この時のために、空き瓶を取っておくのもよいでしょう。  こんなことにならないように、コルクを抜くときは瓶を倒してコルクを湿らせてから開けましょう。その際も、ゆっくりと力を入れて、小刻みに動かしながら引っ張ります。新品のボトルのつもりで乱暴に開けると、古いウイスキーだと高確率でコルクが折れてしまうので注意しましょう。
ワイン

コルクを落とし、茶こしでウイスキーを取り出します

ウイスキー

デキャンタにウイスキーを救出できました

次のページ
ブレードタイプのオープナーが便利
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事