エンタメ

尾野真千子、約4年ぶりの映画主演で語る「役づくりへのこだわり」

 約4年ぶりの主演映画『茜色に焼かれる』が5月21日に公開となる尾野真千子。出世作となった朝ドラ『カーネーション』での明るく快活な姿が印象に残っている人も多いだろう。 尾野真千子 この日の撮影でも、カメラマンのかけ声に応じておどけた表情を見せるなど、サービス精神溢れる一面を見せてくれた。一方で「ちゃきちゃきした役は、自分に似てるからこそ難しい」とも語る。そんな彼女の役づくりへのこだわりとは――。

最近は楽に生きられている気がします

――昔から現場ではムードメーカータイプなんですか? 尾野:どうなんでしょうね。でも、素の自分は明るいほうだと思ってます。最近は緊張がほぐれてきたというか、いらないものがだんだん削ぎ落とされて、自分が出てる感じですかね。楽に生きられている気がします、最近は。 ――4人姉妹の末っ子という家族構成の影響もあるんでしょうか。やはり尾野さんが一番明るい? 尾野:いやいや、それが私よりも姉たちのほうが盛り上げ上手というか。姉妹みんな明るいので、うるさいくらい賑やかですよ。 ――リアル『カーネーション』一家ですね! 尾野:そうかもね(笑)。誕生日になるとサプライズしたり、そういうお祭り的なことが好きなんでしょうね。何かとイベントにしたがる家族です。私たち姉妹は40歳を節目と考えているところがあって、盛大に祝ってきました。今年は私の番なんですよ! どんなことしてくれるかなー、逆にサプライズしよっかなーとか今から考えてます。 ――どんなふうにお祝いされてきたんですか? 尾野:ほとんどごはんを食べる会なんですけど、「仕事で帰れません」って断っておきながら、実はこっそりみんなで集まって、ふすまとか、廊下とかに隠れて、「ジャジャーン!」とか、お店の個室を飾り付けして祝ったりとか。

明るい役は近すぎて苦手。自分から離れた役が面白い

――素敵ですね。これまでもたくさんの家族を演じられていますが、尾野さんにとって“理想の家族”というと尾野家なんでしょうか。 尾野:うん。やっぱり理想は自分の家族になっちゃいますね。 ――明るい印象がある一方で、シリアスな役を演じることも多いですが、やりづらさを感じることは? 尾野:いえ、陰のある役のほうが断然やりやすいです。気持ちも楽。自分にないもののほうが「こんなのどうだ!」って面白がってできるんですよね。ちゃきちゃきした役って、なんか難しいんですよ。自分に似てるほうが演じにくい。“尾野真千子”が邪魔になると嫌じゃないですか。「尾野真千子じゃなくて役として見てほしい」が前提にあるから、難しいのかもしれないです。 ――母親役の印象が強いですが、5月28日公開の『明日の食卓』では、「母を演じることは難しい」とコメントされていたのが意外でした。 尾野:母親って、我が子という分身がいるわけですよね。それってすごいことで、周りのお母さんに話を聞いても、経験がない私には理解できなかったりするんですよ。「なんでそれが許せるの?」とか、「ここは怒るんだ」「ここは許すんだ」っていう境界も私の想像とは全然違ったりして、「ああ、母ってちょっと難しすぎるな」と。でもやらなきゃいけないので、とにかく想像。ズルいかもしれないけど、台本通りが多いです。
次のページ
やってることは嘘でも気持ちに嘘はつけない
1
2
週刊SPA!5/25号(5/18発売)

表紙の人/ 日向坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事