恋愛・結婚

花火の見えない花火デート、付き合ったばかりの男女の顛末は…?

花火大会では喧嘩するカップルの姿も…

花火大会

花火大会の会場付近では、喧嘩中のカップルを目にすることも多いが……(写真はイメージです。以下同)

 今年もコロナ禍により多くのイベントが中止となった。夏になると、恋人と一緒に海水浴や夏祭り、花火大会などに行きたくなる人も多いはず。  とはいえ、夏のイベント会場付近では喧嘩をしているカップルを見かけることも少なくない。お互いのストレスが爆発してしまう原因は多々ある。たとえば、満員電車で動けなかったり、待ち合わせ場所で合流できなかったり……。不測のトラブルまで楽しむぐらいの余裕がなければ、失恋にもつながってしまうのだ。  今回は、本来なら二人の仲がさらに深まるはずの花火大会で、大失敗してしまったエピソードを紹介する。

高速道路が“予想外”の大渋滞

 車を購入したばかりの中野洋二さん(仮名・40代)は、当時まだ付き合って間もない彼女と花火大会に行くことになった。 「事前にどの場所が見やすいのか、車でも行けるかどうかを念入りに調べて当日を迎えました」  当日は、何とか仕事を切り上げて急いで彼女を迎えに行った。地元の駅前から花火大会の場所までは高速で30分の距離。事前に調べた結果では、近くのSA(サービスエリア)がとてもよく見える穴場だったという。しかし、この考えが甘かった。 「会社でこのことを話していると、同僚から『その時間で大丈夫か』と言われました。私は余裕を持って予定を組んでいたので楽観視していたのです。目的地に近づくにつれて車も多くなり、スピードも穏やかになり、最終的には渋滞にハマって一切動かなくなってしまいました」
次のページ
花火の音を聞きながら…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事