恋愛・結婚

花火デートで浴衣を着て大失敗。背中から出てきたものにゾクリ

遊園地で花火を見るはずが、タクシーが向かった先は…

花火 三奈さんと彼氏を乗せたタクシーの運転手は、浴衣姿を見て“花火”と察したようだ。 「駅前から遊園地まで、わざわざタクシーを使って行く人が珍しかったからかもしれません。私が『花火を見に行くんです』と言うと、運転手さんは『僕の地元なんだけどね』と、ここら辺の土地に詳しいという話を始めて。『あんなのわざわざ入場料を払って行かなくても、よく見える場所があるんだよ』って。結局、当初の“遊園地まで”というオーダーは無視されてしまい、別の場所で降ろされてしまったんです」  運転手としては、気をきかせたつもりだったのだろうが……。  

デートとしては微妙な場所

 そこは、小高い丘の上にある駐車場。遊園地からはだいぶ距離が離れている。遊園地までの道のりがわからなかった三奈さんは、しかたなく、そこから花火見学をすることに。 「地元の住民や子ども達など、タダ見客が何人もいるため、イチャつくことはできませんでした。さらに、低い位置の花火はまったく見えず……。なんだか、気分は消化不良でしたね。結局、タクシーを拾って駅まで戻りました」
次のページ
浴衣に異変
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事