雑学

「スイーツ系かき氷」に行列する客のマナーが問題化

その店や場所によって存在する「ローカルルール」。トレンドスポットでは、それもまた新しかったりするわけで……。はたしてハヤりの場所で“ヤバい客”扱いされる基準とは……?

◆スイーツ系かき氷

スイーツ系かき氷 昨年からブームが続くかき氷。下町の人気店を訪問すると、店の前は平日午前から長蛇の列。近隣住民に話を聞くと、スイーツブームで、以前にも増して店の行列がうるさくなっているという。

 スイーツライターのAさんも、こうした“数の暴力”を訴える。

「一度に複数のフレーバーを食べるのがスイーツ系かき氷の醍醐味ですが、女性客には量が多すぎる。そこで、仲間内でシェアするのですが、なかには勝手にフレーバーを混ぜて『まずい!』と叫ぶ人までいます」

 店内でも気になったのは、食べ終わっても席でまったりしている団体客。Aさんによれば、常連客からは「静かに並び、食べたらすぐ出るマナーを心掛けてほしい」と、嘆きの声が上がっているそう。

 おしゃれかき氷店も、だんだん頑固親父のラーメン屋みたいになっているようだ……。

★ヤバい客『かき氷をシェアしたいがために店の内外を占拠する団体客』

― 流行店別[ヤバい客]の新基準 ―




おすすめ記事