ライフ

運動不足の人がスクワットすると“腰痛”が悪化する場合も。現役治療家に真のコツを聞く

正しい姿勢でスクワット実践!

 そして、最後は深々と腰を落とすスクワットを! 股関節と足首を柔らかくできたら、実際にスクワットをしましょう。 【シンプルスクワット】 ①左右の脚を肩幅+15cmくらいに広げて立ちます。 ②手を前に出したら、股関節から膝、足首と順番に曲げて腰を落としていきます。この時、股関節から動き出して骨盤前傾を意識し、猫背にならないように気をつけましょう。 ③お尻と膝の高さが同じくらいまでになったら、①の姿勢に戻りましょう。 スクワット スクワット※1日10回×3セット/1日  柔らかくした2つの関節に十分な柔軟性を確保してこのスクワットをすると、それぞれの関節がバランスよく曲がり、下半身の筋肉に適切な刺激が入ります。これにより足腰が鍛えられて普段から腰部へ負担をかけることが少なくなるでしょう。  体力に自信のある方や、ご紹介した回数xセット数では運動負荷を感じにくいという方は、水の入ったペットボトルやダンベルなどの重りを持って負荷を高めてください。 <文/ヒラガコージ>柔道整復師/パーソナルトレーナー。スポーツクラブでインストラクターとして指導をし、現在は医療国家資格である柔道整復師の知識を生かした身体機能の改善からダイエットまで幅広いクライアントを担当するフリーランスのパーソナルトレーナーとして活動中。公式「Amebaブログ」更新中
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠