恋愛・結婚

「実年齢よりも老けて見える男」の特徴。この6つの習慣が危ない

 はじめまして、恋愛戦略家の関口美奈子と申します。結婚相談所を運営しつつ、YouTubeで日々、恋愛心理を中心とした男女の恋愛観に関する情報発信をしています。  ホステスを9年間経験し、12年間恋愛や心理学について学んできました。これまでに3万人以上の男性と向き合ってきた私の実体験と男女の心理に関する研究データから、リアルで実用的な情報をお伝えします。  さて、本題です。年齢を重ねても若々しくてモテ続ける人と、年齢は若いのにどこかおじさんっぽい人っていますよね? その特徴を今回は分析していきたいと思います。

若いのにおじさんっぽい男の特徴①「服装がダサい」

ファッション 着こなしは、年齢を感じさせる大きな原因になります。ファッションは、着ている人のセンスがでるので似合わなかったり、年相応ではなかったりすると老けて見られてしまいます。  自分の年齢や見た目に似合わない無理なファッションは若作りとして周囲に違和感を与えます。「とにかく若く見せればいい!」というものでもありません。  メガネも似合っていればいいのですが、似合っていないと老けて見られる要因のひとつになります。なので、メガネ選びに不安のある方はファッションの専門家から学ぶのがいいと思います。

若いのにおじさんっぽい男の特徴②「痩せすぎ、もしくは太り過ぎ」

 歳を重ねると、どうしても顔の肉がたるみ落ちてきて、不健康に見えてしまいます。特に痩せすぎないように気をつけましょう!  若いうちは痩せていても、肌にハリがあるので問題ありません。しかし、年を重ねてから痩せると、頬がコケて見えて年齢以上に老けて見える原因となります。注意してください。  さらに老化現象のひとつに筋肉量の低下があります。筋肉量が下がると基礎代謝が下がります。  若い頃と同じような生活習慣を続けていれば、どんどん太ってしまいます。 40代以降は家で筋トレをするなど、意識的に運動して太らない体をつくりましょう。
次のページ
老けて見える意外な習慣は…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事