ライフ

30代、日焼け止めは一年中塗るべし。男の年齢別スキンケア術

人間関係を良くしたり、ビジネスで成功したいなら、男も美容は必須 ! 今回の記事では、「30代・40代・50代の美容術」と題し、各年代に表れやすいエイジングサインと、そのケアについて皮膚科専門医で医学博士の小林智子氏に解説してもらった。

変化に応じたケアがポイント!30代・40代・50代の美容術

井戸田潤

「いくつになっても“見た目”は大切!」芸能界随一の美容マニア、スピードワゴン・井戸田潤氏

 体質や肌質は年齢に応じて変化するため、美容もその時々に合わせた方法にアップデートしていく必要がある。まずは30代。この年代は今後のためにも、美容の習慣を身につけるべきタイミングだ。 「特に紫外線対策は全年代マストなので、30代のうちから意識するようにしましょう。日焼け止めは必須アイテム。必ず一年中塗ってください」(小林氏)  朝家を出る前に塗る習慣を身につけるとよい。塗り残しを防ぐために2度塗りをするのも手だ。また、ビタミンCなどの抗酸化成分入りケアアイテムを使うと、紫外線による肌ダメージの修復を助けてくれる。

【30代】紫外線予防がカギ。今後のためにも生活の見直しを

初めてのメンズ美容

目立ち始めるほうれい線や毛穴。それは肌の真皮層のコラーゲンの減少によるたるみが原因。また、顔の脂肪や骨、筋肉組織の変化でもたるみが進行する

 30代で注意すべきは顔のたるみ。その進行を緩やかにするためにも習慣にしたいのが、紫外線対策だ。この意識の違いが、その後の40代の見た目を大きく左右する。  また、美容医療を受けるなら、HIFUなどマイルドなリフトアップ系治療がオススメ。また、この年代はシンプルにビタミンCの摂取から意識しよう。
次のページ
40代は?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事