恋愛・結婚

出会いがなかった離島暮らしの38歳男性、それでも「スピード婚」実現の理由

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

コロナ禍で盛り上がる「遠距離婚活」

山本早織

山本早織

 新型コロナの新規感染者が減り、外でお酒が飲めるようになりました。婚活をしている方はデートのバリエーションが増え、これまで以上にお相手との関係作りがしやすくなったのではないでしょうか。  コロナ禍では今までリアルでしか成立しないと思われていたコミュニケーションの多くがオンラインでも大丈夫だったということに気づき、Zoomなどオンラインでのやりとりが活発になりました。  婚活でもオンラインお見合いやオンラインパーティなどでご縁につながることもあり、場所にとらわれず、出会いを作っている人も少なくありません。そして、オンラインでのやりとりが活性化したからこそ生まれたご縁がこの1年、たくさん生まれているのです。  今回は「遠距離婚活」が盛り上がっている理由についてお伝えします。

離島暮らしで出会いがなかったシラキさん

離島

※写真はイメージです(以下同)

 弊社会員で愛媛に住むシラキさん(仮名・38歳)は離島在住ということもあり、なかなか出会いがなく、ご入会を決断されました。  シラキさんは婚活らしい婚活もほとんどしたことはなく、アプリでの婚活もチャレンジされたそうですが、離島にいると出会うこと自体が難しかったようで、どのように出会いをつくればいいか困っている状態でした。  すぐに私のサポートで婚活することを決め、西日本と四国の女性を中心に出会いをつくっていくことになりました。
次のページ
「出会いない」と嘆く前にシラキさんがやったことは…
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事