知って得する[原価のカラクリ]自動車・パソコンの原価は?

デフレで物がどんどん安くなるなか、気になるのは企業が儲かっているのかどうか。実際、多くの企業が業績悪化で苦しんでいるものの、激安商品をウリにした企業には業績好調なところも。そこで今回は激安衣料や飲食店の食べ&飲み放題、さらに神頼みグッズまで、さまざまな商品の原価を調べ、儲かるカラクリに迫った!

【住etc…】
自動車・パソコンの原価は?

◆自動車

定価 100万円
原価 1台80万円

100413_CL3_08.jpg
 では、自動車はどうだろう? 試算してくれたのはかつて輸送機器メーカーに勤務した経験もある坂口氏。

「自動車は製造原価に占める外部調達費がすごく高くて、例えば100万円の自動車の場合、60万円程度が仕入れ原価となります。残り40万円のうち20万円が組み立て費や開発費などで、残りの20万円がメーカーと販売会社の利益になるような構造になっています」

 100万円の自動車を売って利益は1割!? 案外儲からないビジネスだ。

「ここにはカラクリがあって、先ほど紹介したのは基本モデルの場合で、オプションをつけることで利益率が劇的に変わる。例えば、20万円のカーナビの原価は2万円程度、ドアミラーにつけるウインカーのLEDは1つ100円くらいなのに付属品や組み立て作業などのセットで5万円くらい高くなるというふうに、自動車はオプションで儲けるビジネスで、特においしいのは革シート。4万円くらいで調達したものを30万円くらいでつけていますから」

結局、自動車メーカーにとってもサイドメニューが生命線のようだ。

◆パソコン

定価 26万円
原価 1台18万円

100413_CL3_09.jpg
 では、出店攻勢で景気が良さそうな家電量販店が販売する電化製品の原価は? これも坂口氏が試算してくれた

「例えば、26万円のパソコンの場合、CPUやハードディスク、液晶などの材料費が8万5000円、開発や組み立てにかかるコストが6万円、宣伝広告費や諸経費が2万円で、これにメーカーの利益1万5000円を乗せた18万円が家電量販店が購入するパソコンの仕入れ原価です」

 家電量販店はボロ儲けかと思いきや、宣伝費や人件費など7万5500円の諸経費を加えると25万5500円となり、家電量販店の利益は4500円! こんな薄利でやっていけるのか?

「だから家電量販店はメーカーから販売協賛金のほか、『隣の量販店が安売りしたからウチも下げざるを得なかった』と言って値引き協力金や追随金など、さまざまな名目でメーカーに費用を求めて何とか利益を出している状態。一方で家電メーカーは家電やパソコンでは儲からなくなってきていて、今後は産業用も含めた電池くらいしか儲ける商品はないのでは?」

 安く買えるのはいいけど、日本の将来には不安が残る……。

●原価を知り尽くす達人●

坂口孝則氏
調達業務研究家 メーカーの調達部門を経て独立。現在、調達購売マネジメント取締役。近著に『激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ』(徳間書店

金子哲雄氏
流通ジャーナリスト兼プライスアナリスト。モットーは「清く貧しくゴージャスに」。など著書多数

― 知って得する[原価のカラクリ]大調査【6】 ―




おすすめ記事