恋愛・結婚

女性の美容代に「脱毛代」を入れるべきだ!?

 少し前に、『女は美容費かかってるから奢られて当然』論が話題となり、女性の美容代について、物議を醸したが(詳しくは、http://nikkan-spa.jp/220909にて)、論点はさておき、一つ気になることが……。

脱毛代,美容代

毛がない人ほどカネがかかってる?

 なぜどの女性も脱毛にかける費用を明かさないのか! おそらく女性の9割は脱毛をしているはずである(ソースは身の回りの友人)!!!

 かく言う筆者も脱毛に現在通い中の身。ワキ、ヒジ下、ひざ下、込みで10万円、絶賛施術中! が、実は、7年前にもワキ脱毛(当時は20万円)をしているのだが、最近また生えるようになってきたため、泣く泣くまたコースに入れることに……。

 本当はもっと美容代にお金をかけたいのに、脱毛にかかるため、痩身エステやプラセンタ注射など夢の話。おそらく、筆者のように脱毛にばかりカネがかかっている女性は多いのではないか。ということで、その内訳を数人に聞いてみることにした!

◆Oさん(33歳・保険)

総額15万円

【内訳】
・両ワキ、ひざ下脱毛 5万円
・V、I、Oライン脱毛 10万円

「もともと、体毛は薄いほうなので、ワキは1回でなくなりました。最近V、I、O(デリケートゾーン)をやっている子が増えたので、やってもらいました。赤ちゃんみたいにツルツルになって恥ずかしいですが、また生えてきたらどうするんでしょうかね」

と、Oさんは比較的、恵まれているほう。施術にもそれほど時間がかからず、現在では高い化粧品やサロンなど、美容ライフを満喫中だ。

◆Wさん(27歳・派遣)

総額19万2800円

【内訳】
・ワキ脱毛(※9年前)10万円
・I、O、Vライン脱毛 6万円
・ワキ脱毛(2度目) 2800円
・自宅処理用(光シェーバー) 3万円

「高校生の頃に初めてワキ脱毛をしました。当時はめっちゃ高かったんですが、友達みんなやってて自分だけ生えてるのは恥ずかしかったので、意を決して。でも、ワキは最近また生えてきちゃったんです。今は昔よりは格安でできるようになったので2度目です。あとは、エステに通ってるからと言ってもキレイに毛はなくならないので、自宅処理も怠りません。っていうか、脱毛やらない子っているんですか? 私はそのほかの美容代はなるべく抑え、ドラッグストアで安物ばかり買っています」

彼女もワキは2度経験している例。実は、永久脱毛を謳わないエステは多く、ほとんどの女性が再度の施術をしているようだ。

◆Sさん(32歳・事務)

総額20万円

【内訳】
・ひざ下脱毛 9800円
・ひざ脱毛 2900円
・ひじ下脱毛 8900円
・手の指甲脱毛 2900円
・足の指甲脱毛 2900円
・ワキ脱毛 3000円
・Vゾーン脱毛 7000円

「私はちゃんとした美容外科に通っているので割高です。よく飲みに行っている人を見ると、よくそんなおカネがあるなぁと関心してしまいます。そのほかの美容にも月6万円くらいかけていますから。おかげで、私の交際費は……月1万円が限界です」

かなり細かく内訳を出してくれたSさんは現在、彼氏なし。「将来、いいお嫁さんになりたい。だから男性を幻滅させるようなところはすべてツルツルにしたいんです」とキラキラした眼差しで語るSさんの夢は叶うのだろうか……。

さらに、上には上がいる。
「剛毛が悩みで、他の美容費におカネをかけたくってもかけられません」と涙ながらに言うのはIさん。本人曰く、「毛と格闘してきた人生」と言う。

◆Iさん(26歳・web関係)

総額45万円

【内訳】
・腕+足+ワキ脱毛 30万円(※6年前)
・ひざ下+ワキ(2度目)脱毛 6万円
・もみあげ脱毛 3万円
・顔全体脱毛  6万円

「お察しの通り、ワキ脱毛は2度目突入です。でも本当はみんながやっているV、I、Oもやりたいんです! それにまだまだ他の部分も脱毛したいし……。全身脱毛なんかやっちゃうと、軽く50万円はかかると思います。でも、実は最近、顔の脱毛を始めてしまったんです。鼻の下の産毛もしょっちゅう剃っているんですが、それでも気になったので脱毛することに決めました。人に顔を近づけるのも怖いくらい、毛で日々悩んでいるんです。もっともっとキレイになりたいって願望はあるのに、脱毛ばかりがコンプレックスで……。ぐすん。ワキもまた生えてきたらどうしよう。私が納得いくツルツルボディはいつ叶うのでしょうか」

と、だんだんとうつむき加減になっていくIさん。筆者も「わかる! わかるよ!」といつの間にかお互いを慰め合うはめになった。

体毛は女性にとってコンプレックスである。美容代と捉えるかどうかはさておき、ここまでおカネがかかっているのなら、ご飯くらい奢ってあげてほしいかもなぁ……と口には出さないがそう思わずにはいられないのであった。 <取材・文/毛沢山>




おすすめ記事