スポーツ

【五輪6日目】北島康介100mの雪辱なるか

●8月1日(水)第6日目

 昨日も銅メダルを2つ獲得し、金1、銀4、銅8となった日本。

 柔道63キロ 上野順恵は敗者復活から勝ち上がり、史上初の姉妹五輪メダリストとなった。

 競泳チームの主将を担っているのは、北京200mバタフライの銅メダリスト、松田丈志。

 なかなか金を取れない序盤戦、主将の松田は会心の泳ぎを魅せた。結果は4年前と「同じ」色のメダルとなったが、その重みは「金と同じ」だったに違いない。

北島康介

100mはまさかの5位だった北島康介。持ち前の勝負強さで雪辱なるか

 さあ、今日は金メダルの有力種目が2つ行われる。

 男子200m平泳ぎ決勝には、北島康介・立石諒が揃って登場。北島は100mで5位に敗れた雪辱を果たす時が来た。前人未到の3連覇へGO!その他にも女子200mバタフライの星奈津美、柔道男子90キロの西山将士、女子70キロの田知本遥。卓球女子シングルスでは、石川佳純が日本人初の五輪メダルを賭けて3位決定戦に挑む。

 不調が伝えられる体操陣ではあるが、今夜は男子個人総合の決勝。現在、世界選手権3連覇の内村航平。五輪初の金メダル獲得なるか。

 男子サッカーは、ホンジュラスとグループリーグ最終戦を戦う。

【今日の注目レース】
北島康介、立石諒の200m平泳ぎ決勝は、深夜3時30分から!

<取材・文/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティ ブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を担当。五輪期間は見どころや速報記事を精力的に更新します!




おすすめ記事