ニュース

イギリスの選挙で勝つには泣き落としよりロジックが必要

候補者の名前連呼、お決まりの選挙ポスターばかりが目立つ日本の選挙。じゃあ世界の選挙はどんな感じなの? というわけで、各国大使館や在日外国人、現地在住日本人に各国の選挙事情を聞いてビックリ! 選挙権年齢はもちろん、投票方法、投票率、選挙運動も日本とは全然違うのだった。これを読めば、アナタも選挙に行きたくなるはず!

イギリス
用紙に記載された候補者の名前の横に×印をつけて投票する

“議会政治の本場”というイメージがあるイギリス。ロンドン在住のグラフィックデザイナー・KTさんによると「土下座や泣き落としなど、情に訴える選挙はイギリス人にはまず通用しません」とか。

「そこで、候補者は理屈で攻める。昨年の総選挙では3大政党(保守党・労働党・自由民主党)の党首によるテレビ討論会が3回実施されました。ブログやツイッター、ユーチューブも活用されます

 街宣カーや街頭演説は見かけないが、候補者や支持者が家々を訪問することは盛んに行われる。

「候補者別のポスターは目にしませんが、道路脇やビル壁面に巨大な政党ポスターが貼られます。党首の笑顔やスローガンだけでなく、相手政党の批判もバンバン載せる。さらに大抵のポスターには悪口が落書きされてますね」

 投票方法は、用紙に記載された候補者名の横に×印をつける、というもの。投票日には投票所の前に各党のボランティアが立ち、投票に来た人の名前や住所を確認。

支持してくれそうな人がまだ投票に来ていないとなれば、連絡を入れて投票を促したり、投票所まで送り迎えしたり。これはさすがに押しつけがましい気がします」

 意外に泥くさいこともするのね。

取材協力/KTさんのブログ「everydaylife.style」
http://everydaylifestyle.wordpress.com

― [世界の選挙]ビックリ!白書【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事