ライフ

「牛丼」は炒めると旨い!?

ネット上で大きな話題を呼んだ奇食から、食のプロも思わず唸った絶品スイーツまで、いつものチェーン店メシが持つポテンシャルの限界に挑戦! 飲食チェーンの定番メニューに一手間加えたアレンジ料理の味とは……  実食審査したのはフードプロデューサーの高田大雅氏に加え、デブ代表として黒田知道、女性代表として藤村はるなの両ライター。3人が選んだトップ10はコレだ! 【1位】トマトシェイク(トマトジュース×マックシェーク)30P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394655  3人が満点をつけ、堂々の1位に輝いたデザートメニュー。「トマトの青臭さをシェイクが包み込み、フルーティなトマトの香りだけが残ります。このマッチングはとても衝撃的でした」(高田)と食のプロが絶賛したほか、「マックシェイクは、甘すぎて苦手だったんですが、トマトジュースの酸味でさっぱりまとまっていて美味しいです」(はるな)と、女性のハートもゲット。作り方も「マックシェイクのバニラとトマトジュースを1:1で混ぜるだけ」とシンプルな点も高評価。<高田10pt、デブ10pt、はるな10pt> 【2位】バルサミコストロベリー(バルサミコ酢×サンデーストロベリー)28P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394631  マックのサンデーストロベリーに、果実酢の一種であるバルサミコ酢をかけたメニュー。バルサミコ酢は、もともとデザートの味つけやトッピングにも使われており、相性バッチリ。「バルサミコの原料であるブドウの香りがアイスに深みを与えてくれます」(高田)と、ワンランク上のデザートになる。ただし、そのままかけると、少し酸味がきついので、苦手な人は軽く火を入れ、酸味を飛ばしてからかけるのがオススメだ。<高田9pt、デブ10pt、はるな9pt> 【3位】牛丼焼き飯(卵&ネギ×牛丼)27P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394635  普通の焼き飯を作る要領で、卵を炒めてから牛丼まるごととネギを加えたガッツリ系メニュー。「レタスやトッピングのキムチなどを入れればさらにアレンジが可能で、ボリューミーな一品にもできそう」(デブ)。<高田8pt、デブ10pt、はるな9pt> 【4位】磯辺ポンデ(のり×ポン・デ・リング)26P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394641  ポン・デ・リングに醤油をつけてのりで巻くと、磯辺餅風味に。「文句なしに美味しい! 日本人が好きそうな味」(はるな)と好評だが、「表面をカリッと焼くと、焼き餅のようになって、さらに美味しくなると思います」(高田)と工夫の余地も。<高田9pt、デブ8pt、はるな9pt> 【5位】チーズカレーバーガー(カレー×チーズバーガー)25P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394618  マックのチーズバーガーに、カレーをトッピングした一品。「揚げていないぶん、カレーパンよりも口当たりが軽く、チーズとの相性もいい」(高田)とプロも太鼓判。<高田8pt、デブ8pt、はるな9pt> 【6位】ごまドレ牛丼(ごまドレッシング×牛丼)24P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394633  牛丼にごまドレッシングをかけたアレンジで、そのお味は、「ごましゃぶのようにさわやか」(はるな)。ごまドレッシングのある店舗なら、お店でも楽しめる。<高田7pt、デブ9pt、はるな8pt> 【7位】のりたまバーガー(のりたま×ハンバーガー)23P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394622  ハンバーガーに、ふりかけの“のりたま味”をトッピング。これだけで「のりとごまの風味が加わり、サクサクした独特の食感が楽しい」(高田)。<高田7pt、デブ8pt、はるな8pt> 【8位】アップルパイのクッキーアイス添え(アップルパイ×マックフルーリー)22P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394623  あつあつのアップルパイに、冷たいマックフルーリーをプラス。350円前後で作れるが、「おしゃれなカフェで、1000円くらいで売ってそうな味」(はるな)と高評価。<高田7pt、デブ8pt、はるな7pt> 【9位】ミートチーズポテト(フライドポテト×ミートソース)21P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394625  フライドポテトにパスタ用のミートソース、溶ろけるチーズをかけてレンジでチン。「味つけが濃いめなので、ビールのおつまみにピッタリ」(高田)。<高田8pt、デブ6pt、はるな7pt> 【10位】天一おでん(天下一品スープ×おでん)16P ⇒写真はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=394627  天下一品のラーメンスープで、おでんの具を煮込むと完成。「試食前はどれだけくどくなるのかと思いましたが、コクのある味に仕上がっていました」(高田)。<高田7pt、デブ4pt、はるな5pt> ※トップ10の総評(https://nikkan-spa.jp/394577)ではデザート類に人気が集中した理由を分析する ― チェーン店メシを劇的に旨くする(秘)技術【1】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事