R-30

サラリーマンが実践している“我流”ビジネスメソッド

1分ではなんだか長い……でも5秒ならいつでもどこでも実践できる! そんな技を集めたのが当企画である。たかが5秒されど5秒、小さな積み重ねをコツコツ繰り返すことによって、人生は好転へ向かうのである。まずは実践あるのみ!

◆[ビジネス編]俺流、5秒で人生を変える方法

サラリーマン 我流ながらも仕事に生かそうと、一般サラリーマンもさまざまな形で5秒メソッドを実践している。

 例えば、「得意先に会う前は、笑顔を作るために鏡の前で口角を上げて5秒間キープ」(34歳・流通)や「いつもクセで眉間にシワを寄せてしまうので、指で眉間を5秒ほど揉んで表情を柔らかくしている」(42歳・鉄鋼)などの表情、「目線を合わせて、いったん外す。この動作を5秒ごとに繰り返すと印象度がアップする」(35歳・化成)のように目線を意識する人は多い。

 また、会話の中での「最初の5秒で結論を話し、根拠や理由はその後に続ける。このほうが相手に受け入れてもらいやすい」(37歳・食品)、「意見を求められたら即答せず、『そうですね……』と5秒間タメてから答える。反対やダメ出しされる回数が激減した」(38歳・商社)などはコミュニケーション術のひとつとして一部のビジネス書でも紹介されている。

 一方、職場での気分転換には、「椅子の上でプチ座禅。たった5秒でもリフレッシュできる」(39歳・機械)や「ムカついた上司を殴るイメージで、パソコンのキーボードを5秒間デタラメに叩く」(32歳・建設)、「好きなアイドルの励ましメッセージの着ボイスを聞く」(40歳・土木)などいずれもユニークなものばかり。

 これで仕事の効率が上がるなら試してみる価値はありそうだ。

― 5秒で人生を変える方法【5】 ―




おすすめ記事