雑学

リアルわらしべ長者に挑戦――ボールペン1本は何に化けるか?

財布を忘れて家を出ると、その日一日、どうしようもない不安に駆られるもの。しかしそんな状況下でも生き残るべく、衣食住をタダでどこまでできるかチャレンジしてみた!

◆ボールペン1本でブルーレイレコーダーをゲットなるか

ボールペン

ボールペンは、最終的に茶色に白い刺繍が入った男性用ベルトに変わった

 最後に、純然たるタダでゲットというものではないが、家に転がっているものでお得感が得られるか挑戦する。使命は、未開封の100円ボールペンで、“わらしべ長者”ならぬ“ボールペン長者”を目指した。

 安いうちは簡単に交換してくれるだろうと思いきや、物々交換なんて根付いてないこの国では、面倒くさがって相手にしてくれない。困っていることを友人夫婦に切々と語ると、400円の中川政七商店「横浜ふきん」を譲ってくれた。これで拭き取れないものはないというくらい吸水性がよく、一度使えばハマってしまう代物らしい。

 30代一人暮らしの女友達にこの製品がいかに素晴らしいかを語った。そして、調理用のシリコンケースをゲット。食材を入れて電子レンジで加熱するだけで料理ができるもの。郵便局でもらったらしいが、見たところ2000~3000円くらい。

 それから、30代一人暮らしの男性と、シリコンケースを新品のベルトと交換。買ったものの使わなかったというもので、お値段1万5000円。このベルトと交換してくれる人を探すも、ここで頭打ちになった。1万円台になると難しく、ブルーレイレコーダーへの道のりは果てしなく遠い。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=692270

<検証結果>
ブルーレイはムリだが、100円が150倍になった


取材・文/古澤誠一郎 林バウツキ泰人 鼠入昌史・佐藤来未・関口 宏(Office-Ti+) 田村R 安田はつね(本誌)
― 徹底実践 人はどこまでタダで暮らせるか?【6】 ―




おすすめ記事