ライフ

「消せるボールペン」の歴史。元祖はアメリカ製だった!?

 “こすると消える”パイロットの「フリクション」が大ヒットしているが、「消せるボールペン」は、「フリクション」が発売された’07年より以前からすでに存在していた。 ◆「ユニボール シグノ イレイサブル」(三菱鉛筆)  ’79年にアメリカのペーパーメイト社が発売した「イレーサーメイト」と三菱鉛筆が販売契約を結び、独自の改良を加えて’80年から発売した「ケルボ」だ。イレーサーメイトは1日くらいたつと消しにくくなる不十分なものだった。  それを解決したのが、三菱が独自に開発した「ユニボール シグノ イレイサブル」だ。ゲル状のインクが紙の繊維まで染みこまず表面に残るため、消しゴムで剥がせるというもの。 「ボールペンでありながら普通の消しゴムで消せる手軽さも、当時としては、画期的な魅力の一つだったと考えています」(三菱鉛筆経営企画室)
ユニボール シグノ イレイサブル

書き味滑らかな「ユニボール シグノ イレイサブル」(三菱鉛筆)は、’02年販売開始

― [あの大ヒット商品]は既に日本で作られていた! ―
パイロット フリクションボール スリム

0.38mm 10色セット LFBS-18UF

三菱鉛筆 ユニボール シグノ イレイサブル

ゲルインクボールペン 0.5mmボール 8色セット

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事