恋愛・結婚

目指すは家電量販店の棚。超高級電動オナホール開発者の野望

昨今、さまざまな企業が打ち出している「高級ライン」ブーム。食べ物、日用品からアダルトグッズまで、気になる「高値すぎる商品」を調査してみた

◆電動でオナホが回転しエロ動画でも連動する世界初の性家電とは?

●A10サイクロン SA
価格:3万円(税込み)/相場:1000円

A10サイクロン SA

専用ホールは標準付属を含む全4種類。販売は現在アダルトグッズサイト「NLS」のみ。生産が追いつかぬほど大人気だ

 TENGAの約30倍という高価格ながら、ネット通販開始と共に一瞬で品切れになったのが電動オナホール「A10サイクロン SA」だ。開発元が“性家電”を謳うにも理由あり。スタイリッシュな本体は高性能モーター採用により、静音ながら7種類・7段階のスピードで多彩な動作バリエーションを生み出す。早速商品を入手し、ハメてみたが……ピストン動きとは違い、ナチュラルな横回転摩擦が絶妙でタ・マ・ら・ん!

「トルクに関しては、ベストを追求するまでに3年の歳月をかけて何度も試作、何度もモニタリングを積み重ねました」とは、開発元の「RENDS」社さん。そして本商品の最大の特徴といえば、PCと無線接続することで再生中の動画と連動して回転を制御できるのだ! お気に入りのAVで試したが……おぉ、男優の激しいピストン運動に合わせホールの横回転もスピードアップ!

「今後はPCゲーム、アニメなどの対応ソフトが続々リリース予定です。“性家電”というコピーはそうした我々の理想が込められており、いつか本当に家電量販店でも販売できるよう努力中です!」

 同社は近く乳首向けのオナ家電も販売予定。自慰革命止まらず!

― [高値すぎる○○]実際に試してみた!【11】 ―




おすすめ記事