エンタメ

ネクストブレイク必至のアイドル・DIANNA☆SWEETの東京初ワンマンライブに密着

 アイドル激戦区の名古屋に、キラリと輝くグループがいる。その名は、DIANNA☆SWEET(ディアナスウィート)だ。
DIANNA☆SWEET

DIANNA☆SWEET(左から萌、風花、愛、杏実)

 11月15日、東京・渋谷のSOUND MUSEUM VISIONにて、DIANNA☆SWEETのワンマンライブ「Who you?」が開催された。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=752512  DIANNA☆SWEETは、名古屋発の6人組ガールズユニット。現在は、永山風花(16)、若葉愛(まな=15)、鈴木杏実(あずみ=14)、ジュリア萌(14)の4人に、2人のサポートメンバーを加えて活動している。「KAWAii!! NiPPON EXPO 2014」「TOKYO IDOL FESTIVAL 2014」など多くのイベントに出演し、今や第一線で活躍するアイドルと肩を並べる存在感を放っている。インディーズデビューからおよそ1年を経て、東京では初めてとなるワンマンライブに密着した。
DIANNA☆SWEET

会場には多くのパティシエが駆けつけた

 本公演はソロ、デュエットなどライブの演出にさまざまな変化が見られ、ファンに楽しんでもらおうという趣向が凝らされていた。そこにファッションショーなど彼女たちの魅力も随所に散りばめられ、昼の部は風花&愛、夜の部は萌&杏実のそれぞれ二人にフィーチャーしたライブとなっていた。  オープニングを飾ったのは、クールでスタイリッシュなダンスナンバー『ICE CREAM MAGIC』。彼女たちの代表曲とも言える本作からのスタートに、会場には大きな歓声が沸き起こった。MVにもDIANNA☆SWEETの魅力がぎゅっと詰まっており、筆者も彼女たちの“かっこよさ”に心を撃たれた一人である。 DIANNA☆SWEET MCでは、東京初ワンマンライブへの緊張を口にしつつも、多くのパティシエ(DIANNA☆SWEETファンの愛称)が駆けつけたことに思わず笑顔をこぼしていた。いつものようにファンに対して深々とおじぎをする彼女たちの姿が心に残っている。  続いて、一人ひとりにスポットを当てたコーナーが始まる。まずはリーダーの風花がソロで、甘く切ないラブソングの『CHE.R.RY』を、そして愛の出番になると可憐なツインテールの3人組が登場し、BABYMETALの『ヘドバンギャー!!』を披露して普段とは違った一面を見せた。  ライブ中盤に行なわれたファッションショーは、昼の部ではメンバーたちは思い思いに制服を、夜の部では一転して、セクシーな純白のドレスを身に纏った姿で登場した。この時間はだれでも撮影することができ、モデルさながらのポージングに多くのファンは魅了されていた。 DIANNA☆SWEET ファッションショーの衣装のまま彼女たちが笑顔で歌い始めると、制服姿のメンバーには淡くほろ苦い青春と憧れの記憶がよみがえり、純白のドレスに身を包まれた彼女たちの眩しさには、ついつい見惚れてしまった。  昼の部のラストはメンバーが新衣装で登場し、続けて新曲のお披露目があった。新しく「DIANNA☆A」と「DIANNA☆M」というユニットが誕生し、昼の部ではまず、風花&愛が所属するユニット「DIANNA☆A」が『The twin tail!』を披露した。曲名のかわいい印象とは対照的な、ロックでかっこいい一曲となっている。  タイトルナンバーの『DEEP SNOW』は、ジャズと和楽器のサウンドに黄金の扇子を広げて舞い踊るゴージャスなウインターソング。DIANNA☆SWEETは常に新しい姿を見せてくれる。 DIANNA☆SWEET ファッションショーの前には、同じ事務所に所属し、DIANNA☆SWEETの練習生であるPredianna(プレディアナ)が、ライブの終盤には、ソロアイドルの“おかもも”こと岡本桃香がそれぞれステージに立った。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=752520  Prediannaは、Juice=Juice、℃-ute、東京女子流のクールなダンスナンバーをカバーし、岡本桃香はAKB48の『ハート型ウイルス』と松浦亜弥の『桃色片想い』という王道のアイドルソングを歌い上げ、違った色でファンを盛り上げた。観る人を飽きさせることのない、変化に富んだ演出は見事である。  夜の部の幕開けは『SPIDER LOVE』から。挑発的な歌詞をEDMのサウンドに乗せた人気の曲である。主役である萌と杏実は、デュエットでmiwaの『片想い』を、「DIANNA☆M」として岡本桃香を加えた3人で新曲の『LUCIFER』を披露した。
DIANNA☆SWEET

miwaの『片想い』を歌う萌&杏実

 最初のMCでは、公演のタイトルである「Who you?」に込められた思いについて語った。「DIANNA☆SWEET」と聞いて「Who you?(あなたはだれ?)」と思っている人にも、ライブを通して知ってもらいたいという願いが込められているそうだ。慣れないMCでも一生懸命に話す萌と杏実の姿を、パティシエたちは暖かい目で見つめていた。  ラストのアンコールで印象的だったのが、ライブの最初は緊張していることが表情から伝わってきたメンバーも、みんな揃って弾けるような笑顔でパフォーマンスをしていたことだ。本人たちも楽しくライブができたのだと伝わってきて、なんだかこちらもうれしくなった。初めて東京でステージに立ったというPrediannaの侑杏(ゆあ)も、楽しそうな笑顔を浮かべていた。  “アイドル激戦区”と呼ばれる愛知県から、日本全国のアイドルファンの耳目を集める存在にまでなったDIANNA☆SWEETの実力は本物だ。メンバーの卒業も経験し、決して一筋縄では行かない、目まぐるしい変化のなかでも着実に成長してきたのだろう。そんな彼女たちの笑顔に癒される時間は、極上のスイーツを食べているかのような、至福のひとときである。
DIANNA☆SWEET

『恋はFusion!』ではタオルを回して盛り上がる

 東京のワンマンライブで魅せたDIANNA☆SWEETの姿が、これから歩んでいく未来を物語っているように感じた。ディアナ(月の女神)のように美しく、スイーツのように可愛らしい彼女たちが、これからもたくさんの人たちのハートを奪っていくのは間違いない。 ●DIANNA☆SWEET『ICE CREAM MAGIC』(MV) – (http://youtu.be/9N9V_TFm2xc
<DIANNA☆SWEET ライブ出演情報> ●@JAM the Field vol.6 日時:11月24日(月・祝) 会場:六本木ブルーシアター 出演:さんみゅ~/DIANNA☆SWEET/東京女子流/東京パフォーマンスドール/Dorothy Little Happy/Party Rockets/プラニメ/妄想キャリブレーション/夢みるアドレセンス/からっと☆/Maison book girl http://www.at-jam.jp/thefield_vol6/ ●DIANNA☆SWEET定期公演「DIANNA☆SHOWCASE Vol.3」 日時:12月24日(水) 会場:名古屋・栄SPIRAL ●DIANNA☆SWEET 2nd ワンマンライブ in TOKYO 日時:2015年2月22日(日) 会場:渋谷・SOUND MUSEUM VISION 【DIANNA☆SWEET 1st ワンマンライブ in TOKYO「Who you?」】 <Introduction1 風花&愛> 1. ICE CREAM MAGIC 2. キミは誰推し!?白状しチャイナ! ~MC~ 3. CHE.R.RY/YUI(風花ソロ) 4. ヘドバンギャー!!/BABYMETAL(愛) ~MC~ 5. 裸の裸の裸のKISS/Juice=Juice(Predianna) ~MC~ 6. 愛ってもっと斬新/℃-ute(Predianna) ~ファッションショー~ 7. Fight! 8. 初恋Revolution ~MC~ 9. ハート型ウイルス/AKB48(岡本桃香ソロ) ~MC~ 10. The twin tail!(DIANNA☆A) ※A=Angel 11. DEEP SNOW 12. SPIDER LOVE ~アンコール~ 13. 恋はFusion! <Introduction2 萌&杏実> 1. SPIDER LOVE 2. ICE CREAM MAGIC 3. Hug you! Hug me! ~MC~ 4. 片想い/miwa(萌&杏実) 5. Partition Love/東京女子流(Predianna) 6. 愛ってもっと斬新/℃-ute(Predianna) ~ファッションショー~ 7. BE CRAZY 8. Please Stop Loving You ~MC~ 9. 桃色片想い/松浦亜弥(岡本桃香ソロ) ~MC~ 10. DEEP SNOW 11. LUCIFER(DIANNA☆M) ※M=Mysterious ~MC~ 12. GO AHEAD! ~アンコール~ 13. 恋愛レボリューション21/モーニング娘。 14. 恋はFusion! DIANNA☆SWEET 公式Twitter/@dianna_sweet <取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>
ICE CREAM MAGIC

DIANNA☆SWEETを象徴する一曲


DEEP SNOW

2015年1月21日発売・待望の4thシングル





おすすめ記事